協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 馬場トレンドジャッジ
  4. 今週の馬場傾向【菊花賞の馬場状態はどうなる?】
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2016年10月22日(土)更新

今週の馬場傾向【菊花賞の馬場状態はどうなる?】


【東京芝】


■気温が上がって芝が持ち直す。内外互角、先行差し互角


《Aコース3週目》

先々週は雨の競馬だったが、先週は中間にも開催日にも雨が降らず、乾いた状態で競馬が行われた。だが時計は思ったより速くならず、土曜日が0.2秒前後遅く、日曜日は0.4秒前後遅かった。向正面後半から3~4コーナーの内めが傷んでいるのが時計に現れたようだ。またゴール前直線の内めはそれほど傷んでいるようには見えないが、馬群全体が外目に持ち出していて、実際に外目に持ち出した馬の伸びの方が若干いいように見えた。

だが東京の芝にはもともと内有利の傾向があるので、このままずっと外差し有利と考えていいとは思わない。9月は日照が少なかったが、10月に入ってからは晴れの日が増え、気温も再び上がっている。これで芝も多少持ち直すはず。

今週は月曜日に5ミリ降って以降、雨は降ってない。芝も乾いているし、数日夏日が続いていることから先週より速くなっても不思議ではない。週末は曇りまたは晴れの予報で、良で0.5秒前後速い時計を想定する。内外互角、先行差し互角。




【東京ダート】


■乾き気味で多少時計がかかるダート。やや外有利、先行差し互角


先週は中間にも開催日にも雨が降らず、土日とも砂がよく乾いた状態だった。土曜日は0.5秒前後速く、日曜日はタイム差なし前後だった。

今週は月曜日に5ミリ降って以降、雨が降ってない。また週の後半から夏日が続いたので、砂は先週並かそれ以上に乾いているはず。週末も雨は降らないと考えて土日とも良で0.3秒前後遅い時計を想定する。やや外有利、先行差し互角。




【京都芝】


■状態上々で速い芝。先行差し互角、やや内有利


《Aコース3週目》

先週は1週間雨が降らぬまま土日も晴れた。だが先々週の雨の競馬の影響で時計はそれほど速くならず、土日とも良で0.3秒前後速い程度だった。

先々週に雨が降ったのは同じでも、京都は雨中で競馬してはいないので、雨量の割に芝の傷みは最小限で済んだ。その後は月曜日に18.5ミリ降ったのをまたいで、おおむね晴れが続き、このところ気温も上がっている。先週以降多少は芝の状態が持ち直していると考える。

今週の週末は曇りまたは晴れで雨は降らなさそう。良で0.5秒前後速い時計を想定する。先週は土曜日が先行決着ばかりで日曜は差し決着ばかりだった。今週も先行差し互角。やや内有利。

普通に考えれば菊花賞はサトノダイヤモンドとディーマジェスティの力が抜けている。であれば3着内に割り込む1頭を探すしかない。ジュンヴァルカン、シュペルミエール、ミッキーロケット、コスモジャーベに期待。




【京都ダート】


■乾いていてもやや速めのダート。やや先行有利、やや内有利


先週は1週間雨が降らぬまま土日も晴れ、土日ともよく乾いた良で1秒前後速かった。

今週の中間は月曜日に18.5ミリ降っただけで、その後は晴れが続いている。週末も曇または晴れで雨は降りそうもないし、気温も今の時期としては高めで空気も乾いている。とはいえ先週以上に砂が乾くことはなさそうなので、先週同様に良で1秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。




【新潟芝】


■わかりやすい外差し馬場。やや外有利、やや差し有利


《夏に続いてAコース使用。2週目》

先週は水曜日に10ミリ雨が降ったが土曜日は朝から良馬場スタート。土日とも0.7秒前後速い時計だった。ただし傷みの激しい内回りの時計は若干遅い。

先週以降雨は降ってないが、今週の新潟は3場の中ではいちばんはっきり晴れそうで、良馬場想定だが、さすがに新潟は気温がかなり下がっていて、芝が持ち直す材料はない。先週の土曜日は内の馬も健闘していたが、日曜日になると外の馬の活躍が目立った。

今週も内のほうが時計がかかる状態になっているハズで、0.3~0.5秒遅い時計を想定する。外側の芝はまだまだいいので、その分わかりやすい外差し馬場になっている。やや外有利、やや差し有利。




【新潟ダート】


■やや乾き気味で力の要るダート。やや内有利、やや先行有利


先週は水曜日に10ミリ雨が降り、土曜日は7Rまで稍重発表で、11Rだけ良馬場だった。時計はあまり速くならず、タイム差なし前後だった。日曜日は朝から良馬場になったが、時計は土曜日とだいたい同じくらいの速さだった。

今週は中間に雨がなく、週末も曇りまたは晴れで、良馬場で競馬できそうだ。先週同様タイム差なし前後の時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line