協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 城崎哲:馬場トレンドジャッジ
  4. 先週開幕・東京の馬場状態はどうだった?【今週の馬場傾向】

競馬コラム

城崎哲:馬場トレンドジャッジ

2017年02月04日(土)更新

先週開幕・東京の馬場状態はどうだった?【今週の馬場傾向】


【東京芝】


■芝の傷み少ない軟らかめの良馬場、先行差し互角


《Dコース2週目》

昨年秋の東京は8月の日照が少なかったので最初のうち芝の定着がイマイチだったが、9月以降日照が戻り、開催を消化しながら徐々に芝の状態を戻してきた。先週の競馬を見てもCコースのときより芝の状態がいい感じだった。

先週は中間も晴れが続き、土日も晴れで競馬が行われた。土曜日は0.3秒速く、日曜はタイム差なしだった。ただし全体にスローペースのレースが多かった。

その後も晴れが続き、月曜と木曜に散水した。乾燥注意報が出ているくらいなので、路盤もかなり乾き気味だが、もともと路盤をかなり軟らかくしてあるので、それほど時計は速くならない。日曜日の番組が終了する頃雨が降る可能性があるが、ここでは土日とも晴れて良で競馬できるものと想定する。0.2秒前後遅い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



【東京ダート】


■乾いた力の要るダート。やや先行有利、内外互角


先週の週末は暖かかったので、先週の時点ではまだダートに凍結防止剤をまいてなかった。ずっと晴れが続いて乾いたダートで、土曜日は0.7秒前後遅かった。日曜日は0.1秒前後遅かった。

その後も晴れが続いている。また今週に入って気温が下がり(最低気温が氷点下になり)、火曜日に凍結防止剤がまかれた。だが空気が乾燥しているので凍結防止剤が空気中の水分を吸わず、あまり粘っこくならないハズ。したがって先週よりも多少遅い時計を想定すればいいはずで、0.8秒前後遅い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。



【京都芝】


■土から日にかけて内傷みが進行する、内外互角、先行差し互角


《Bコース2週目》

このところずっと関東や東海では晴れの日が続いているが、京都の北側には山がないので、雪や雨が降らないまでも、曇りが多く、湿度もやや高めだ。先週は木曜日以降は晴れ、土日とも良発表になった。Bコース替わりで時計をやや戻し、土日とも0.1秒前後遅い時計になった。

先週の日曜日の番組終了後に雨が9.5ミリ降った。月曜日にも0.5ミリ降り、その後は曇りの日が続いた。今週の土曜日は晴れの良を想定する。今週はBコース2週目だが、先週の時点でかなり内が傷んでいたので、今週は0.5~1秒前後遅い時計を想定する。内外互角、先行差し互角。

日曜日は朝から雨が降り続く可能性がある。重馬場を想定する。内側を中心に芝の傷みが着実に進行し、1.5~2秒前後遅い時計を想定する。内外互角、先行差し互角。




【京都ダート】


■良でも稍重以上でも多少力の要るダート。内有利、先行有利


先週は中間も週末も雨が降らず、土日とも良の競馬になった。土曜日は0.5秒前後速く、日曜日は0.2秒前後遅かった。結果的には土日とも極端に先行有利、内有利だった。

先週の日曜日の番組終了後に雨が9.5ミリ降った。月曜日にも0.5ミリ降り、その後は曇りの日が続いた。今週は水曜日の最低気温が氷点下になり、土曜朝の最低気温も氷点下を下回りそうだが、凍結防止剤をまいてないのは、まだ砂中にかなり残っているという判断だろう。土曜は良を想定し、先週並の0.2秒前後遅い時計を想定する。

日曜日は朝から雨が降り続くという予報で、稍重以上を想定する。凍結防止剤入りのダートは稍重以上になってもあまり速くならないか、逆に遅くなるのが特徴だが、今回は砂中の凍結防止剤の量もさほど残ってないだろうから、控えめに0.5秒前後速い時計を想定する。内有利、先行有利。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line