協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 重賞トレンドジャッジ
  3. 中京記念:重賞トレンドジャッジ

重賞データ

中京記念2024|気性難が輝く舞台!?小倉ならではの金脈ポイント!出走予定馬/予想オッズ

中京記念 (GⅢ)
7月21日(日)小倉芝1800m

馬名 性齢 想定情報
騎手 オッズ
エルトンバローズ 牡4 西村淳也 3.7
セオ 牡4 岩田康誠 3.9
アルナシーム 牡5 横山典弘 4.3
ロングラン セ6 松山弘平 6.7
ニホンピロキーフ 牡4 田口貫太 7.3
エピファニー 牡5 杉原誠人 7.5
セルバーグ 牡5 和田竜二 14.5
タガノパッション 牝6 M.デムーロ 17.9
エスコーラ 牡6 坂井瑠星 18.6
カテドラル 牡8 幸英明 28.5
アナゴサン 牡6 松若風馬 35.2
ボーデン セ6 団野大成 42.3
ソレイユヴィータ 牝4 ○○ 47.9
ワールドリバイバル 牡6 小牧太 64.3
テーオーシリウス 牡6 西塚洸二 76.0
アスクワイルドモア 牡5 小沢大仁 120.3


ブライアン

今年の中京記念は、中京ではなく小倉が舞台。当然、馬券の狙いも変わってくる。

早速馬券ポイントを言うと


気性難を積極的に狙え!


って一戦なんだ。というのも、小倉は2角の途中からゴールまでほとんど平坦か下り坂。よって道中でペースが緩み辛く、折り合い面に難がある馬でも走れちゃうケースが目立つんだよ。

境和樹

一例を挙げると、レッドベルオーブ。この馬は本当に折り合いがつかないタイプで、陣営がかなり苦労していました。

ところが、22年の小倉日経オープン(小倉1800m)では初の逃げの手を打ち、前半5F57.6秒のハイペースで後続を大きく引き離してそのまま押し切り。平坦&短い直線ゆえに、大逃げがハマったんですよね

ブライアン

ああ、当時は調教師が「行くなら行っても良い」と幸に言っていたそうだよな。折り合いに専念するより、勝ちに拘った競馬。ラストはさすがに脚が上がったが、小倉だからこその勝利だった。

これを読んでくれている皆さん、小倉で行われる今年の中京記念は気性難を積極的に狙ってデカい配当を獲りに行くと面白いぞ!

中京記念[GⅢ]
ブライアン梶田の事前注目馬
エピファニー 牡5
(宮田敬介 厩舎/杉原誠人 騎手)

今年の出走予定馬で気性難と言えば、エピファニーが筆頭格

若駒の頃からとにかく気性の危うさを垣間見せていて、オープンに昇格後は好走と凡走の波が目立つ。3走前の中山金杯では前半5F60.5秒というスローがゆえに力みまくって脚がたまらず、1人気の支持を大きく裏切る10着。

だが、2走前の小倉大賞典では前半5F57.2秒のハイペースで折り合いが付き見事に快勝。小倉との相性が抜群ってことをアピールした一戦だったんだ。事実、鞍上の杉原は「コントロールに難しさはあるけれど、小回りや展開がマッチしました」とレース後に振り返っていた。

小倉施行を大きく味方に付けられる存在ってことを覚えておいてくれよな。

タガノパッション 牝6
(武幸四郎 厩舎/M.デムーロ 騎手)

小倉特有の淀みないペースを利せるタガノパッションにも注目。

スローからの瞬発戦だと分が悪いが、ハイペースの消耗戦なら一気に台頭してくるクチ。前半5F57.4秒のキツイペースで流れた今年の愛知杯(小倉2000m)で2着と、小倉巧者ぶりを見せつけたな。

今回もスローに落ち着くことは考え辛く、終いはキッチリ差してくるはず。チョット地味なタイプで人気はソコソコだろうから、馬券的にも楽しみだ。

【0-1-4-2】と抜群の安定感を誇るココ小倉なら、再び激走成って不思議ないぞ。

中京記念[GⅢ]
境和樹の事前注目馬
ニホンピロキーフ 牡4
(大橋勇樹 厩舎/田口貫太 騎手)

まずはニホンピロキーフを挙げたいですね。

何といっても2走前のマイラーズCでソウルラッシュ、セリフォスという二頭のGⅠ級と接戦!しかも斤量、展開の恩恵を受けずに力で食い下がったのですから、目覚ましい地力強化です。

前走は期待していたんですけど、序盤の攻防でやられちゃいましたね~。1角でホウオウアマゾンが半ば強引に内に入ってきた結果、終始大外を回らされるシンドイ競馬になっちゃいました。もちろん、力負けじゃないですし、今回は巻き返しを期待したいですね。

セオ 牡4
(上村洋行 厩舎/岩田康誠 騎手)

後はセオ。

これは以前から稽古と実戦が直結するタイプで、稽古で動けている時は高いパフォーマンスを発揮していました。
そして最近はずっと稽古が絶好!まさに本格化してきた雰囲気で、大崩れしなくなったんですよ。

2連勝中の勢いそのまま、ココでも好走して何ら不思議ありません。注目必須ですよ。



ブライアン

さて、今年の中京記念は小倉で行われる変則施行。クセのあるコースで行われるが故、世間が驚くような穴が突っ込んでくる公算大。


重賞はデッカク獲りたい!」というアナタにピッタリの一戦だぞ!


俺は小倉も得意にしていてさ。今年だけで言っても


タガノパッション⇒愛知杯8人気2着
ゴージョニーゴー⇒未勝利4人気1着
デイトナモード⇒1勝クラス3人気1着
マテンロウボンド⇒1勝クラス3人気1着



と金脈馬が激走中なんだ!もちろん、中京記念も既に狙いの目星を付けている。コイツがくれば良い配当になるだろうな、今から本当に楽しみだよ。


ただ、ギリギリまで状態を見極めた上で皆さんに推奨したいので、しばらく待っていてくれ。現地筋のブレーンに徹底リサーチしておくぞ!それじゃ、週末を楽しみに待っていてくれ!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line