協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 重賞トリプル
  3. 日経新春杯:重賞攻略トリプルトレンド
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

重賞データ

日経新春杯2022予想|昨年は推奨馬が7人気1着!10年で7勝の黄金データで荒れるハンデGⅡを完全攻略!出走予定馬/予想オッズ

このページでは1月16日(日)に中京競馬場で行われる日経新春杯2022の予想に役立つ情報をたっぷりお届けします!

ツカゴシ

競馬JAPAN編集部のツカゴシです!今週は豪華メンバーが集う日経新春杯を取り上げます!

昨年はハンデ重賞らしく3連単96万超の高配当!トリプルトレンドでは7人気で勝利したショウリュウイクゾを爆穴馬に指名し、多くの読者の皆様から喜びの声を頂きました!

日経新春杯2021
ツカゴシ

今年はステラヴェローチェヨーホーレイクといった強力4歳世代2頭を中心に、高配当のキーマンとなりえる伏兵も多数出走予定!軸馬&穴馬の取捨が悩ましい今年もトリプルトレンドにお任せ下さい!

日経新春杯2022予想
【枠順確定】出走馬

日経新春杯 (GⅡ)
2022/01/16(日)
中京芝2200m 出走頭数:16頭

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 モズナガレボシ 牡5 55.0 松山弘 荒川義
2 クラヴェル 牝5 54.0 横山典 安田翔
3 マイネルウィルトス 牡6 56.0 川須栄 宮徹
4 ステラヴェローチェ 牡4 57.0 Mデム 須貝尚
5 ロードマイウェイ 牡6 56.0 幸英明 杉山晴
6 ヤシャマル 牡5 54.0 松田大 尾形和
7 アフリカンゴールド セ7 55.0 国分恭 西園正
8 フライライクバード 牡5 55.0 武豊 友道康
9 マイネルフラップ 牡6 53.0 国分優 梅田智
10 ヨーホーレイク 牡4 55.0 川田将 友道康
11 ショウナンバルディ 牡6 57.0 坂井瑠 松下武
12 エフェクトオン 牡6 53.0 秋山真 久保田
13 トップウイナー 牡6 55.0 和田翼 鈴木孝
14 プレシャスブルー 牡8 55.0 勝浦正 相沢郁
15 ダノンマジェスティ 牡7 55.0 岩田望 音無秀
16 トラストケンシン 牡7 53.0 池添謙 高橋文

日経新春杯2022予想
有力馬分析

ステラヴェローチェ

想定1番人気
ステラヴェローチェ (デムーロ)
須貝厩舎 [戦績:3-1-2-3]
前走:有馬記念4着

ハイレベル4歳世代の中心として存在感を放ってきたステラヴェローチェ。初の古馬との対決となった前走の有馬記念でも上がり最速の4着と見せ場を作りました。悲願のGI制覇へ向け、今回が2022年の始動戦。神戸新聞杯を制した中京芝2200mの舞台でまずは重賞3勝目を狙います。

チェックポイント

有馬記念組は意外に不振
近10年で勝ち馬僅か1頭

日経新春杯過去10年における前走有馬記念組の成績は【1.0.0.4/5】で勝ち馬はもちろん、馬券内に好走した馬は12年のトゥザグローリー1頭のみです。有馬記念でしっかり仕上げた直後という事もあって、中々本来のパフォーマンスを発揮できない馬が多いのかもしれません。神戸新聞杯→菊花賞→有馬記念と激走を続けて来たステラヴェローチェは本来の走りを見せる事ができるでしょうか。

ヨーホーレイク

想定2番人気
ヨーホーレイク (川田)
友道厩舎 [戦績:2-1-1-2]
前走:日本ダービー7着

日本ダービー以来の実戦となるヨーホーレイク。その日本ダービーは直線で進路を無くす痛恨の不利があり、あのロスが無ければステラヴェーチェ、グレートマジシャン、サトノレイナスとの3着争いには加われていたのではないでしょうか。ここが仕切り直しの一戦。ハイレベル世代の一角を担う実力馬の復帰戦に注目です。

チェックポイント

4歳馬が他を圧倒
近10年で7勝の固め打ち

日経新春杯過去10年における4歳馬の成績は【7.3.0.20/30】で過去10年で7勝の固め打ち。過去にはグローリーヴェイズやミッキーロケット、シュヴァルグランといった、後にGIを勝利する4歳馬たちが活躍を見せています。今年はステラヴェローチェ、ヨーホーレイクの2頭の強力4歳馬がエントリーしています。

ツカゴシ

昨秋のGⅠで連戦連勝を見せていた競馬JAPAN!

年始の京都金杯でもいきなり3連複2万5310円を大的中させると、月曜のフェアリーSでも3万馬券をしっかり的中!2022年も最高のスタート切る事に成功しました!

競馬JAPAN
ナカノ

難解重賞もきっちり仕留めた競馬JAPAN俊英予想家の印と見解は、2022年も必見です!

ツカゴシ

東大卒・水上学を筆頭に豪華予想陣が集う我々競馬JAPANでは"今だけお得なキャンペーン実施中!

競馬JAPANが発行するWEB競馬新聞「競馬成駿」を日本ダービーまで重賞全レース無料公開!

もちろん今週行われる日経新春杯の最終印◎○▲も今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
日経新春杯の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

早く登録した分だけ多くの予想をご覧いただけます!

是非この機会にお試しください。お待ちしてます!

日経新春杯2022予想
データ分析

人気別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-3-0-3/10 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 3-1-0-6/10 30.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0-1-1-8/10 0.0% 10.0% 20.0%
4番人気 0-1-5-4/10 0.0% 10.0% 60.0%
5番人気 0-2-0-8/10 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 1-0-0-9/10 10.0% 10.0% 10.0%
7番人気 1-0-2-7/10 10.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気〜 1-2-1-52/56 1.8% 5.4% 7.1%

▶日経新春杯の人気別成績(過去10年)

2番人気以内の馬が過去10年で7勝と勝ち馬に関しては人気馬から出る事が多いですが、10番人気以下の馬が4頭馬券になるなど、紐あれが非常に目立つレースです。昨年も13人気のミスマンマミーアが2着に好走しています。

枠順別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 4-1-0-10/15 26.7% 33.3% 33.3%
2枠 1-1-2-11/15 6.7% 13.3% 26.7%
3枠 1-4-2-10/17 5.9% 29.4% 41.2%
4枠 2-1-0-14/17 11.8% 17.6% 17.6%
5枠 0-1-2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
6枠 1-1-1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
7枠 1-0-3-17/21 4.8% 4.8% 19.0%
8枠 0-1-0-20/21 0.0% 4.8% 4.8%

▶日経新春杯の枠順別成績(過去10年)

昨年以外は京都開催なので数字は参考程度に。先週段階では中京芝は内が伸びる馬場ではありましたが、昨年も日経新春杯の前の週までは内優勢の馬場でありながら、この日経新春杯は外差し決着となりました。勝ち馬ショウリュウイクゾは7枠14番。今年も当日の馬場状態から枠の有利不利を考えたい所です。

脚質別成績
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0%
先行 3-1-4-27/35 8.6% 11.4% 22.9%
中団 5-7-4-44/60 8.3% 20.0% 26.7%
後方 1-1-1-37/40 2.5% 5.0% 7.5%
マクリ 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0%

▶日経新春杯の脚質別成績(過去10年)

こちらも数字は参考程度に。昨年は中盤からタイトな流れになった分、差し馬の台頭が目立ちました。今年は現時点でのメンバーを見る限りそこまでのペースは流れそうな印象なので、逃げ・先行馬の前残りに要警戒です。

日経新春杯2022予想
重賞攻略トリプルトレンド
1月12日(木)更新

ツカゴシ

競馬JAPAN編集部のツカゴシです!

今週は伝統のハンデGⅡ日経新春杯を取り上げます!昨年はハンデ重賞らしく3連単96万超の高配当!トリプルトレンドでは7人気で勝利したショウリュウイクゾを爆穴馬に指名し、多くの読者の皆様から喜びの声を頂きました!

日経新春杯2021
ツカゴシ

今年の日経新春杯もお任せ下さい!

日経新春杯の
トリプルトレンドがコチラ
↓↓↓

  1. 01上位人気は堅実な走りが続く
  2. 02今年は前走GⅠ組に注目
  3. 03トニービンの血を重視

重賞攻略トリプルトレンド①
上位人気は堅実な走りが続く

有力馬分析でも話した通り、日経新春杯は上位人気馬が堅実駆けを見せるレースです。

下記は日経新春杯過去10年における人気別成績です。

人気 着度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-3-0-3/10 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 3-1-0-6/10 30.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0-1-1-8/10 0.0% 10.0% 20.0%
4番人気 0-1-5-4/10 0.0% 10.0% 60.0%
5番人気 0-2-0-8/10 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 1-0-0-9/10 10.0% 10.0% 10.0%
7番人気 1-0-2-7/10 10.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気〜 1-2-1-52/56 1.8% 5.4% 7.1%

▶日経新春杯過去10年の人気別成績

1,2番人気が計7勝を挙げている事からもわかる通り、上位人気馬がとにかく堅実な走りを見せ続けています。

昨年は上位人気馬が人気を裏切る結果となりましたが、今年の上位人気馬は例年の日経新春杯組に比べても強力な印象です。昨年はイレギュラーと考え、今年の日経新春杯は改めて上位人気馬を信頼する所から、予想をスタートさせるべきと考えます。

想定上位人気馬

  • ステラヴェローチェ
  • ヨーホーレイク
  • フライライクバード
ツカゴシ

昨秋のGⅠで連戦連勝を見せていた競馬JAPAN!

年始の京都金杯でもいきなり3連複2万5310円を大的中させると、月曜のフェアリーSでも3万馬券をしっかり的中!2022年も最高のスタート切る事に成功しました!

競馬JAPAN
ナカノ

難解重賞もきっちり仕留めた競馬JAPAN俊英予想家の印と見解は、2022年も必見です!

ツカゴシ

東大卒・水上学を筆頭に豪華予想陣が集う我々競馬JAPANでは"今だけお得なキャンペーン実施中!

競馬JAPANが発行するWEB競馬新聞「競馬成駿」を日本ダービーまで重賞全レース無料公開!

もちろん今週行われる日経新春杯の最終印◎○▲も今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
日経新春杯の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

早く登録した分だけ多くの予想をご覧いただけます!

是非この機会にお試しください。お待ちしてます!

重賞攻略トリプルトレンド②
今年は前走GⅠ組に注目

日経新春杯は、ハンデ戦らしく前走条件戦組が穴を開ける事が目立ちます。

下記は日経新春杯過去10年の前走クラス別成績です。

前走クラス 勝率 連対率 複勝率 単値 複値
着別度数
同クラス 5.3% 9.7% 15.9% 24 54
6-5-7-95/113
今走昇級戦 12.1% 27.3% 36.4% 154 117
4-5-3-21/33

▶日経新春杯過去10年の前走クラス別成績

アベレージ、回収率の全てで今走昇級組が圧倒的に上回っています。

昨年は唯一の前走条件戦組だったショウリュウイクゾが7人気で1着!今年も前走条件戦組に注目と言いたい所ですが、今年の登録馬に前走条件戦組の馬は一頭もいません。

そんな22年の日経新春杯組は、昇級組に次いで成績の良い前走GⅠ組をの馬を狙います。前走GⅠ組は過去10年で5勝の固め打ち!今年の日経新春杯は例外的に前走GⅠ組に注目します。

前走GⅠ組

  • クラヴェル(前走エリザベス女王杯)
  • ステラヴェローチェ(前走有馬記念)
  • ヨーホーレイク(前走日本ダービー)
  • ロードマイウェイ(前走ジャパンC)

重賞攻略トリプルトレンド③
トニービンの血を重視

京都競馬場改修工事の影響で、昨年に続いて中京芝2200mで行われる日経新春杯。そんな中京芝2200mで注目の血が"トニービン"です!

下記は過去10年の中京芝2200mにおける種牡馬成績です。

父名 勝率 連対率 複勝率
着別度数
ディープインパクト 11.7% 21.8% 28.2%
24-21-13-148/206
ハーツクライ 10.1% 23.8% 34.5%
17-23-18-110/168
ルーラーシップ 10.5% 20.9% 29.1%
9-9-7-61/86
ステイゴールド 5.9% 14.1% 25.9%
8-11-16-100/135
ハービンジャー 8.1% 14.1% 24.2%
8-6-10-75/99
キングカメハメハ 7.9% 12.9% 23.8%
8-5-11-77/101
マンハッタンカフェ 8.1% 17.6% 27.0%
6-7-7-54/74
エピファネイア 27.3% 36.4% 45.5%
6-2-2-12/22
ジャングルポケット 9.4% 15.1% 22.6%
5-3-4-41/53
ゼンノロブロイ 7.5% 9.0% 16.4%
5-1-5-56/67

▶中京芝2200m過去10年における種牡馬別成績

ハーツクライ、ルーラーシップ、ジャングルポケットといったトニービンの血を持つ種牡馬が多く名を連ねているを残している事がわかります。

3~4コーナー部分がすべて下り坂で後半からのロングスパート戦になる事が多い、中京芝2200mというコースにおいては、トニービンの持続力が大きな武器になるという事です。

中京開催の日経新春杯ではトニービンの血に要警戒です!

父トニービン持ち

  • カセドラルベル(父ハーツクライ)
  • トラストケンシン(父ハーツクライ)
  • ロードマイウェイ(父ジャスタウェイ)

日経新春杯2022予想
データが導く結論!
1月14日(金)更新

ここまで日経新春杯のトリプルトレンド【絶対に押さえたい3つの傾向】を見てきました。

  1. 01上位人気は堅実な走りが続く
  2. 02今年は前走GⅠ組に注目
  3. 03トニービンの血を重視
ツカゴシ

昨年は7人気で勝利したショウリュウイクゾを爆穴馬に指名し、多くの読者の皆様から喜びの声を頂きました!

日経新春杯2021
ツカゴシ

今年の日経新春杯もお任せ下さい!

トリプルトレンドが導き出した日経新春杯で本当に買わなければいけない【鉄板注目馬】と【爆穴注目馬】は・・・

ステラヴェローチェ
◎鉄板注目馬

想定1番人気
ステラヴェローチェ
(デムーロ)

鉄板軸馬として推奨するのが、想定1人気のステラヴェローチェです。上位人気が堅実な日経新春杯で1人気が想定される事に加え、昇級組のいない今年は前走GⅠ組の台頭が目立つであろう点からも、文句なしの鉄板軸馬と言えそうです。

チェックポイント

同舞台のGⅡ勝ち!
悲願のGⅠ獲りへ負けられない

昨年、同舞台で行われた神戸新聞杯を完勝している様に、舞台適性に関しては疑う余地なしと言っていいでしょう。これまでGⅠで5戦して2,3,3,4,4着とあと一歩でタイトルを逃し続けて来たステラヴェローチェ。悲願のGⅠ獲りを目指す22年シーズンの初戦を落とす訳にはいきません。

ショウナンアメリア
★爆穴注目馬

想定14番人気
ロードマイウェイ
(幸)

爆穴馬として推奨するのが、想定14人気のロードマイウェイです。中京芝2200mでは欠かす事の出来ないトニービンの血を持つ種牡馬の産駒であり、今年台頭必至の前走GⅠ組。大穴馬としての資質を十分感じる一頭です。

チェックポイント

穴はやはり差し馬から!
2年連続の爆穴激走に期待!

非常にタフなレースになりやすい中京芝2200m。昨年、爆穴馬に取り上げたショウリュウイクゾ(7人気1着)はもちろん、2着に好走した大穴ミスマンマミーアも差し馬でした。折り合いに課題があるので距離短縮は歓迎ですし、インで脚を溜めて直線だけ外に持ち出すという、コーナーが急な中京では理想的とも言える形での競馬が叶いそうなここは大駆けのチャンス十分と見ます。

ツカゴシ

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回はGⅠの主役を狙う実力馬が顔を揃えるAJCCを取り上げます!出走馬&有力馬分析を1月16日(日)に公開しますのでお楽しみに!

オークス 的中 払戻

豪華予想陣が集結!
日経新春杯の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line