協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 重賞トリプル
  3. エリザベス女王杯:GⅠ攻略トリプルトレンド
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

重賞データ

【エリザベス女王杯2021予想】近5年馬券内ゼロ&複勝率55%の鉄板データで女王決定戦を斬る!出走予定馬/予想オッズ

このページでは11月14日(日)に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯2021の予想に役立つ情報をたっぷりお届けします!

ツカゴシ

競馬JAPAN編集部のツカゴシです!今週は秋の女王決定戦エリザベス女王杯を取り上げます!

アルゼンチン共和国杯では、『鉄板推奨馬』として取り上げたオーソリティが見事勝利!

アルゼンチン共和国杯
ツカゴシ

秋競馬も後半戦に差しかかりますが、この勢いで今週のエリザベス女王杯も攻略しちゃいましょう!

エリザベス女王杯2021予想
【枠順確定】出走馬

エリザベス女王杯 (GI)
2021/11/14(日)
阪神2200m 出走頭数:17頭

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 レイパパレ 牝4 56.0 Cルメ 高野友
2 クラヴェル 牝4 56.0 横山典 安田翔
3 アカイトリノムスメ 牝3 54.0 戸崎圭 国枝栄
4 イズジョーノキセキ 牝4 56.0 和田竜 石坂公
5 ステラリア 牝3 54.0 松山弘 斉藤崇
6 ランブリングアレー 牝5 56.0 吉田隼 友道康
7 シャムロックヒル 牝4 56.0 団野大 佐々木
8 テルツェット 牝4 56.0 Mデム 和田正
9 ウインマリリン 牝4 56.0 横山武 手塚貴
10 ムジカ 牝4 56.0 秋山真 鈴木孝
11 ソフトフルート 牝4 56.0 岩田望 斉藤崇
12 デゼル 牝4 56.0 武豊 友道康
13 リュヌルージュ 牝6 56.0 富田暁 四位洋
14 ロザムール 牝5 56.0 池添謙 上原博
15 ウインキートス 牝4 56.0 丹内祐 宗像義
16 アカイイト 牝4 56.0 幸英明 中竹和
17 コトブキテティス 牝4 56.0 柴田善 田島俊

エリザベス女王杯2021予想
有力馬分析

オーソリティ

想定1番人気
アカイトリノムスメ (戸崎)
国枝厩舎 [戦績:4-1-0-2]
前走:秋華賞1着

前走の秋華賞で、桜花賞4着・オークス2着の雪辱を晴らしたアカイトリノムスメが古馬との初対決に挑みます。母アパパネは三冠達成後に挑んだエリザベス女王杯では3着と古馬の壁に跳ね返される結果となりましたが、その娘は歴戦の古牝相手にどんな競馬を見せてくれるでしょうか。

チェックポイント

3歳で注目はオークス連対組
8頭中5頭が馬券内に好走中

エリザベス女王杯過去10年における3歳馬の成績は【2.4.2.32/40】と勝ち馬は過去10年でモズカッチャン、メイショウマンボの2頭。その2頭を含む馬券になった10頭中5頭はオークスで連対した馬でした。ちなみに残りの5頭は全頭オークスに出走していなかった3歳馬。ちなみにエリザベス女王杯過去10年におけるその年のオークスで連対した馬の成績は【2.2.1.4/8】の好成績で馬券を外した4頭中3頭が4着と、高確率で好走している事がわかります。今年のオークス連対馬はアカイトリノムスメ1頭のみです。

アンティシペイト

想定2番人気
レイパパレ (ルメール)
国枝厩舎 [戦績:4-1-0-2]
前走:オールカマー4着

今年の大阪杯で三冠馬コントレイル、GI5勝グランアレグリアを撃破したレイパパレ。宝塚記念ではクロノジェネシスの3着に敗れ、前走のオールカマーは折り合いを欠く形でまさかの4着と現在連敗中ですが、大阪杯でのパフォーマンスは超GI級のそれ。ルメール騎手との新コンビとなるここでGI2勝目奪取となるでしょうか。

チェックポイント

オールカマー組は
負けた馬の逆襲に要注意

エリザベス女王杯と同じ2200mの距離で行われるという事もあり、オールカマーからこのエリザベス女王杯に挑むという馬が近年増えてきました。過去10年の前走オールカマー組の成績は【2.1.0.4/7】とまずまず。ただこれを前走のオールカマーでの着順別に分けてみると、前走オールカマーを勝利した馬の成績が【0.0.0.2/2】なのに対し、オールカマーで敗れた馬の成績は【2.1.0.2/5】。オールカマーを余裕残しの仕上げで叩き台にしてきた馬の逆襲が目立っている事がわかります。オールカマーで4着に敗れたレイパパレの巻き返しに要注意です。

アンティシペイト

想定3番人気
ウインマリリン (横山武)
国枝厩舎 [戦績:5-1-0-5]
前走:オールカマー1着

今年の日経賞、オールカマーで強豪牡馬を退けて重賞2勝を挙げているウインマリリン。3歳時に挑んだ昨年のエリザベス女王杯は4着に敗れましたが、上位3頭はラッキーライラック(エリザベス女王杯連覇)、サラキア(次走有馬記念で僅差2着)、ラヴズオンリーユー(海外GI制覇)と超強力メンバーが相手だった事に加え、状態も万全ではなかった事を思えば大健闘と言えるでしょう。日経賞、オールカマーと同じ急坂コースの非根幹距離というベスト舞台で、悲願のGI初制覇を狙います。

チェックポイント

関東馬は大不振
現在5年連続馬券内ゼロ

エリザベス女王杯過去10年の関東馬の成績は【2.2.1.43/48】で勝利したのはレインボーダリアとマリアライトの2頭。ただ、直近5年で3着以内に入った馬はなんと0頭。昨年も2人気だったノームコアがまさかの16着惨敗という結果に終わっています。今年はアカイトリノムスメやウインマリリンなど上位人気に関東馬が多く名を連ねています。惨敗続きに終止符を打つ事ができるでしょうか。

ツカゴシ

競馬JAPANは秋のGⅠ連戦連勝中!

10人気×7人気のエリザベス女王杯を◎☆の本線的中で仕留め挙げた、競馬成駿俊英予想家の勢いは留まる所を知りません。先週のマイルCSも西の仕掛人・上田琢巳がきっちり3連単を的中させ、秋のGⅠ6連勝を達成致しました!今週のジャパンCもお任せ下さい!

競馬JAPAN
ナカノ

11月に入り、いよいよ秋競馬、そして2021年の競馬も佳境へ突入。誰もが獲りたい重賞でこそ強さを発揮する競馬成駿俊英予想家。今週も我々競馬成駿にお任せ下さい!

ツカゴシ

東大卒・水上学を筆頭に、万券ファンタジスタ・今川秀樹、ラジオ日本解説・境和樹ら豪華予想陣が集う我々競馬JAPAN!

そんな馬券プロのエリザベス女王杯の予想買い目を今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
エリザベス女王杯の予想買い目を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

豪華予想陣並びに私たちスタッフ一同が皆様の馬券ライフをより一層華やかにいたします!

一緒に競馬を楽しみましょう!お待ちしてます!

エリザベス女王杯2021予想
データ分析

人気別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2-3-2-3/10 20.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 4-0-2-4/10 40.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0-0-2-8/10 0.0% 0.0% 20.0%
5番人気 1-1-2-6/10 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 1-1-0-8/10 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-2-0-8/10 0.0% 20.0% 20.0%
10番人気〜 0-1-0-83/84 0.0% 1.2% 1.2%

▶エリザベス女王杯の人気別成績(過去10年)

1番人気の複勝率は70%と高水準も、2番人気がわずか3頭しか馬券になっていない事からもわかる通り、上位人気の信頼度はそこまで高くないレースです。昨年は上位人気が3着内を独占しましたが、クロコスミアが毎年穴を開けていた様に、穴馬台頭のチャンスは十分あるレースです。

枠順別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2-1-1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
2枠 2-1-1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
3枠 1-2-1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
4枠 0-0-3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%
5枠 0-2-1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
6枠 2-1-2-15/20 10.0% 15.0% 25.0%
7枠 0-1-1-25/27 0.0% 3.7% 7.4%
8枠 3-2-0-23/28 10.7% 17.9% 17.9%

▶エリザベス女王杯の枠順別成績(過去10年)

今年は昨年同様、イレギュラーな阪神開催の為数字は参考程度に。同舞台で行われるGI・宝塚記念は8枠の馬が毎年好成績を残していますが、それは開催時期や梅雨時で雨の影響を受けやすい馬場状態が要因です。内回りコースなだけに基本的には内目をロスなく立ち回った馬に利のあるコースと言っていいでしょう。

脚質別成績
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-2-0-8/10 0.0% 20.0% 20.0%
先行 2-6-2-26/36 5.6% 22.2% 27.8%
中団 8-2-7-60/77 10.4% 13.0% 22.1%
後方 0-0-1-48/49 0.0% 0.0% 2.0%
マクリ 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0%

▶エリザベス女王杯の脚質別成績(過去10年)

これも京都開催のデータがほとんどの為、データは参考程度に。逃げ馬の2着2回は共にクロコスミア(3年連続2着)の物で、基本的には好位、差しの馬が中心。今開催の阪神芝は内前有利の傾向が続いており、当週の馬場を見てからが週中段階では内前を立ち回る事の出来る馬に注目したい。

エリザベス女王杯2021予想
GI攻略トリプルトレンド
11月10日(水)更新

ツカゴシ

競馬JAPAN編集部のツカゴシです!競馬JAPAN編集部のツカゴシです!

今週は秋の女王決定戦エリザベス女王杯を取り上げます!

アルゼンチン共和国杯では、『鉄板推奨馬』として取り上げたオーソリティが見事勝利!

アルゼンチン共和国杯
ツカゴシ

秋競馬もトリプルトレンドと共に完全攻略しちゃいましょう!

エリザベス女王杯の
トリプルトレンドがコチラ
↓↓↓

  1. 01阪神2200mは非サンデー系の独壇場
  2. 02穴は先行馬の中に
  3. 03オールカマーは負け組を狙え

GI攻略トリプルトレンド①
阪神2200mは非サンデー系の独壇場

今年もエリザベス女王杯は京都競馬場の改修工事の影響で阪神芝2200mを舞台に行われます。

その阪神芝2200mを舞台に行われる唯一の重賞といえば春のグランプリ・宝塚記念ですね。

下記はそんな唯一の阪神芝2200m重賞である宝塚記念過去5年の連対馬の父の一覧です。

年度 着順 馬名 父(系統)
21年 1着 クロノジェネシス 父バゴ
(非サンデー系)
2着 ユニコーンライオン 父No Nay Never
(非サンデー系)
20年 1着 クロノジェネシス 父バゴ
(非サンデー系)
2着 キセキ 父ルーラーシップ
(非サンデー系)
19年 1着 リスグラシュー 父ハーツクライ
(サンデー系)
2着 キセキ 父ルーラーシップ
(非サンデー系)
18年 1着 ミッキーロケット 父キングカメハメハ
(非サンデー系)
2着 ワーザー 父Tavistock
(非サンデー系)
17年 1着 サトノクラウン 父Marju
(非サンデー系)
2着 ゴールドアクター 父スクリーンヒーロー
(非サンデー系)

▶宝塚記念過去5年の連対馬とその父&系統

なんと過去5年の連対馬10頭中9頭が非サンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬でした。

日本ダービー(東京2400m)をはじめ、日本の主流GⅠで無類の強さを発揮するサンデーサイレンス系産駒にとって、東京競馬場などの直線の長いコースでの溜めての末脚勝負とは相反する上がりの掛かる競馬での適性が求められる阪神内回りの2200mという舞台は鬼門中の鬼門とする舞台なんです!

昨年は開幕2週目の時計の出やすい馬場で行われた為、地力上位のサンデー系が上位を独占する結果となりましたが、超ロング開催の中盤に行われる今年のエリザベス女王杯は、改めて非サンデー系の台頭に注目します。

父非サンデーサイレンス系

  • イズジョーノキセキ(父エピファネイア)
  • ウインマリリン(父スクリーンヒーロー)
  • クラヴェル(父エピファネイア)
  • コトブキテティス(父ハービンジャー)
  • ムジカ(父エピファネイア)
  • リュヌルージュ(父モンテロッソ)
  • ロザムール(父ローズキングダム)
ツカゴシ

競馬JAPANは秋のGⅠ連戦連勝中!
競馬JAPANファミリーの岡田牧雄さんの生産馬である◎タイトルホルダー(4人気)が勝利した菊花賞で馬連2420円(1点目)、3連単7万9560円を大的中させると、続く先週の天皇賞秋も◎エフフォーリア(3人気)からきっちり三券種完全的中をお届け!
秋GⅠ目下4連勝とその勢いは留まる所を知りません。

競馬JAPAN
ナカノ

11月に入り、いよいよ秋競馬、そして2021年の競馬も佳境へ突入。誰もが獲りたい重賞でこそ強さを発揮する競馬成駿俊英予想家。今週も我々競馬成駿にお任せ下さい!

ツカゴシ

東大卒・水上学を筆頭に、万券ファンタジスタ・今川秀樹、ラジオ日本解説・境和樹ら豪華予想陣が集う我々競馬JAPAN!

そんな馬券プロのエリザベス女王杯の予想買い目を今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
エリザベス女王杯の予想買い目を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

豪華予想陣並びに私たちスタッフ一同が皆様の馬券ライフをより一層華やかにいたします!

一緒に競馬を楽しみましょう!お待ちしてます!

GI攻略トリプルトレンド②
穴は先行馬の中に

エリザベス女王杯は毎年先行馬が穴を開けるレースとしてお馴染みです、下記は近年のエリザベス女王杯で馬券いなった4角3番手以内の先行馬の一覧です。

年度 人気 着順 馬名 4角位置取り
20年 1人気 1着 ラッキーライラック 4角3番手
19年 7人気 2着 クロコスミア 4角1番手
1人気 3着 ラヴズオンリーユー 4角2番手
18年 9人気 2着 クロコスミア 4角1番手
17年 5人気 1着 モズカッチャン 4角4番手
9人気 2着 クロコスミア 4角2番手
16年 12人気 2着 シングウィズジョイ 4角3番手

▶エリザベス女王杯過去5年で馬券になった4角4番手以内の馬

ご覧の通り、毎年の様に先行馬が穴を開けている事がわかります。京都外回り以上に先行馬有利の阪神内回りで行われる今年もこの傾向が変わる事はないでしょう。今年のエリザベス女王杯も先行馬に要注意です。

前走4角4番手以内

  • アカイトリノムスメ(4角4番手)
  • ウインマリリン(4角3番手)
  • デゼル(4角4番手)
  • リュヌルージュ(4角1番手)
  • レイパパレ(4角1番手)
  • ロザムール(4角1番手)

GI攻略トリプルトレンド③
オールカマーは負け組を狙え

近年、エリザべス女王杯のステップレースとしての意味合いが強くなってきたオールカマー。そのオールカマー舞台である中山芝2200mと似たコース形態である阪神芝2200mで行われる今年のエリザベス女王杯において、このオールカマー組を無視する事はできません。

そんなオールカマー組で注目したいのが、前走オールカマーで負けた馬たちの巻き返しです。下記は前走オールカマー組の前走着順別成績です。

オールカマー着順 着度数 勝率 連対率 複勝率
1着 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0%
2着以下 2-1-0-2/5 40.0% 60.0% 60.0%

▶エリザベス女王杯過去10年の前走オールカマー組の前走着順別成績

ご覧の通り、その差は歴然。牡馬混合戦なだけあって、時にはエリザべス女王杯以上にレベルの高いメンバーが揃う事もあるオールカマーを勝利した馬がエリザベス女王杯では全く結果を残せていないんです。

反対に15年1着のマリアライト(オールカマー5着)、14年1着のラキシス(オールカマー2着)など、オールカマーは余力残しで凡走した馬が、本番で大変身を見せるというシーンが非常に多いんです。今年のエリザべス女王杯は前走オールカマーで負けた組の激走に警戒しましょう

オールカマー凡走組

  • ウインキートス(2着)
  • レイパパレ(4着)
  • ランブリングアレー(7着)
  • ロザムール(10着)

エリザベス女王杯2021予想
前走"下手ノリ馬"を狙い撃ち!
11月11日(木)更新

ツカゴシ

どうも、競馬JAPAN編集部のツカゴシです。

このコーナーでは、その名の通り"前走下手に乗られて力を出し切れなかった馬"を紹介していきます。敗因がはっきりしているにも関わらず、前走の負けで必要以上に人気が落ちている配当妙味のたっぷりの穴馬は必見です!

菊花賞では、コチラのコーナーで取り上げた4人気のタイトルホルダーが見事勝利!

菊花賞
ツカゴシ

今週のエリザベス女王杯もお任せ下さい!それでは早速見て行きましょう!

前走下手ノリ馬

  • ステラリア
ステラリア

想定7番人気
ステラリア (松山)
斎藤崇厩舎 [戦績:2-1-2-3]
前走:秋華賞6着

秋華賞でも下手ノリ馬として取り上げたステラリアを、もう一度ここで狙います。

ステラリアの近走

2走前 オークス
→差し決着を先行&延長で掛かる

前走 秋華賞
→1角で挟まれる不利

2走前のオークスはこれまでの好位差しの競馬から一転、外枠から強気の先行策を敢行。結果、2400mへの距離延長だった事もあり外枠から終始掛かりながらの追走になってしまいました。レースもトラックバイアスの影響などもあり、差し決着になった事を思えば、普段とは異なる形で掛かりながら先行する競馬を試みたステラリアにとっては、苦しい競馬となってしまいました。

そして前走の秋華賞は1角で狭くなりポジションが下がる痛恨の不利。結果絶好の1枠を活かす事のできない外を回る競馬で6着に敗れました。

まともに乗られれば、今回と同じ阪神内回りコースで行われた忘れな草賞の1.58.0秒の好時計の勝ちタイムからも、ここでの圏内突入の十分考えられます。ハイレベルな3歳世代。アカイトリノムスメだけでなく、このステラリアの大駆けにも要注意です。

エリザベス女王杯2021予想
データが導く結論!
11月12日(金)更新

ここまでエリザベス女王杯のトリプルトレンド【絶対に押さえたい3つの傾向】を見てきました。

  1. 01阪神2200mは非サンデー系の独壇場
  2. 02穴は先行馬の中に
  3. 03オールカマーは負け組を狙え
ツカゴシ

アルゼンチン共和国杯では、『鉄板推奨馬』として取り上げたオーソリティが見事勝利!

アルゼンチン共和国杯
ツカゴシ

秋競馬も後半戦に差しかかりますが、この勢いで今週のエリザベス女王杯も攻略しちゃいましょう!

トリプルトレンドが導き出したエリザベス女王杯で本当に買わなければいけない【鉄板注目馬】と【爆穴注目馬】は・・・

レイパパレ
◎鉄板注目馬

想定2番人気
レイパパレ
(ルメール)

鉄板軸馬に推奨するのが想定2人気のレイパパレです。毎年エリザベス女王杯で好走を見せる先行馬であり、オールカマーを凡走して本番に挑むという好走パターンにもピタリと当てはまるこの馬が今年のエリザベス女王杯不動の鉄板馬です。

チェックポイント

カギは折り合いの一点!
最内枠&ルメールなら心配無用!

レイパパレの今回へ向けての課題は折り合いの一点。逃げた大阪杯では圧倒的な走りを見せましたが、控える競馬を試みたここ2走は折り合いを欠くシーンが見られました。しかし今回は前に壁を作る事の出来る最内枠、そして鞍上は折り合いを付けさせたら右に出る物はいないといっても過言ではないルメール騎手。この枠ならいざとなればハナという選択肢も考えているでしょうし、ここは大阪杯級のパフォーマンスを見せてくれるはずです。

ロザムール
★爆穴注目馬

想定14番人気
ロザムール
(池添)

爆穴馬として推奨するのがトリプルトレンドすべてに該当するロザムールです。毎年好走を見せる先行馬であり、父は同じ阪神芝2200m重賞である宝塚記念で猛威を振るう非サンデー系。大駆けがあるならこの馬ではないでしょうか。

チェックポイント

持続力比べはドンと来い!
クロコスミアの再来となれるか?

内回りらしい持続力比べになる事が多いこのコース。これまで中山牝馬Sをはじめ、牝馬限定の持続力比べで結果を出して来たロザムールにとってはこれ以上ない舞台設定ではないでしょうか。3年連続2着に好走した逃げ馬・クロコスミアの快逃の再現に期待します。

ツカゴシ

今週も最後までご覧いただきありがとうございました!

来週は秋のマイル決定戦マイルチャンピオンシップが行われます!

出走予定馬&予想オッズを11月12日(日)に公開しますのでお楽しみに!

オークス 的中 払戻

豪華予想陣が集結!
エリザベス女王杯の予想買い目を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line