協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 重賞攻略プロセス
  3. 弥生賞:重賞攻略プロセス
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

重賞データ

弥生賞2022予想|GI馬を血統が後押し!勝者の金言でクラシック最重要ステップを制す!出走予定馬/予想オッズ

弥生賞2022は重賞攻略プロセスにお任せ!このページでは弥生賞2022の予想に役立つ情報をたっぷりお届けします!

東大卒・水上学をはじめとする競馬成駿予想家の有力馬への見解や金曜日には【◎鉄板軸馬&★特注穴馬】も公開しますので、お見逃しなく!

ツカゴシ

先週の中山記念では◎鉄板軸馬に指名したカラテが4人気2着と激走!

中山記念鉄板軸馬
ツカゴシ

また水曜更新・厳選データ2選の該当馬でワンツー決着とリニューアル初週から好スタートを切ることができました!

今週も2歳王者・ドウデュース、きさらぎ賞優勝馬マテンロウレオやホープフルS好走馬が複数登場するなど、楽しみなメンバーが揃っただけに予想にも熱が入ります!

ナカノ

そんな弥生賞2022攻略へのヒントはもちろん、推奨馬も無料公開しますので、是非最後までお付き合いください!

出走馬&有力馬分析
2月27日 (日)更新

弥生賞 (GⅡ)
3月6日 (日)中山芝2000m

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 ジャスティンロック 牡3 56.0 川田将 吉岡辰
2 メイショウゲキリン 牡3 56.0 横山武 池添兼
3 リューベック 牡3 56.0 池添謙 須貝尚
4 アケルナルスター 牡3 56.0 菅原明 清水英
5 マテンロウレオ 牡3 56.0 横山典 昆貢
6 ボーンディスウェイ 牡3 56.0 石橋脩 牧光二
7 ドウデュース 牡3 56.0 武豊 友道康
8 ラーグルフ 牡3 56.0 丸田恭 宗像義
9 インダストリア 牡3 56.0 戸崎圭 宮田敬
10 アスクビクターモア 牡3 56.0 田辺裕 田村康
11 ロジハービン 牡3 56.0 Mデム 国枝栄

ドウデュース
1番人気(単勝2.0倍)


ドウデュース

武豊騎手に悲願の朝日杯FS勝利をもたらした2歳王者・ドウデュースが弥生賞から始動します。小倉、東京、そして阪神と異なる能力が求められるコースで結果を残しており、総合力の高さが最大の長所。初の中山コース&距離2000mにも対応し、堂々クラシック戦線へ進むことができるでしょうか。

競馬成駿

今川秀樹
21年朝日杯FS
◎ドウデュース
3人気1着

逃げたい①カジュフェイス、⑥オタルエバーが内枠に入り、ペースはある程度流れそう。後半は持久戦になるのではないか。新馬戦で加速ラップを差し切っている⑨ドウデュースは使える脚が長い。外伸びの馬場を追い風に差し切りたい。 (競馬成駿より抜粋)

7年連続黒字収支の今川秀樹は朝日杯FSでも3人気のドウデュースに◎を打ち、3連単1万4840円をお届け!今回は距離適性が鍵を握りそうですが、当時の推奨文にもある通り、小回りの小倉1800mの新馬戦を加速ラップで差し切っている事から、似た様なコースレイアウトの中山2000mにも難なく対応できそうです。

ちなみにドウデュースと後述するマテンロウレオは共にハーツクライ産駒。ハーツクライ産駒は弥生賞において過去10年で【0-4-0-4】で連対率50%。勝ち馬は出ていないものの血統的にも軸として堅実と言えるでしょう。

マテンロウレオ
2番人気(単勝4.6倍)


マテンロウレオ

デビューからコーナー4つの2000mにこだわって使われてきたマテンロウレオ。前走のきさらぎ賞では、横山典弘騎手の好騎乗もあったとはいえ、ゴール前強烈な決め手を披露し重賞制覇を果たしました。クラシック出走へ賞金十分なだけにここは叩き台だとは思いますが、本番での好走に向けてここで無様な競馬を見せる訳にはいきません。

競馬成駿

大物生産者
22年きさらぎ賞
◎マテンロウレオ
2人気1着

キャリアの浅い馬が多い中、◎は②マテンロウレオ。前走は、1~3着馬が好位ないし中位にいた。一方、後ろから目立った脚で突っ込んできたのは4着馬と6着のこの馬だけ。3着馬とは0.1秒差しかなく、位置取りや流れ次第では、もっとやれるはず。メンバーレベルの落ちる今回は勝機十分だ。 (競馬成駿より抜粋)

きさらぎ賞でマテンロウレオを◎に推奨した大物生産者?氏の見解にもある通り、弥生賞と同舞台で行われたホープフルSで敗れたとはいえ、上位馬を好位ないし中位にいた馬が独占したことを思えば6着とて大健闘と言えるでしょう。

前述した通り脚力は世代最上位級ではありますが、馬場や展開の助けが必要なキャラのため直前まで入念に予想する必要がありそうです。

ナカノ

ここまで有力馬について、競馬成駿予想家の見解と共に紹介しましたが、東大卒・水上学をはじめとする各予想家の弥生賞2022の予想はWEB競馬新聞「競馬成駿」にて公開!

ツカゴシ

難解を極めた阪急杯も、7年連続黒字収支を達成した今川秀樹の手にかかれば本線で仕留める事が出来ます!勝ち馬ダイアトニックに◎を打つのはもちろん、馬券の肝となった9人気2着のトゥラヴェスーラを☆の本線に評価!

ビッグレースが続く春競馬の重賞戦線で、今年も大暴れを見せてくれる事でしょう!

競馬JAPAN
ナカノ

競馬JAPANでは今だけお得なキャンペーン実施中!競馬JAPANが発行するWEB競馬新聞「競馬成駿」を日本ダービーまでGI&重賞全レース無料公開しています!

ツカゴシ

もちろん絶好調・競馬成駿予想家の 弥生賞2022の最終印◎○▲&見解今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
弥生賞2022の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

早く登録した分だけ多くの予想をご覧いただけます!

是非この機会にお試しください。お待ちしてます!

厳選データ2選
3月2日(水)更新

昨年は勝ち馬が後に菊花賞を勝利し、2着馬が次走でNHKマイルCを制覇したように弥生賞は世代上位馬が集う一戦です。とはいえ、昨年の勝ち馬タイトルホルダーが10頭立ての4人気だった様に波乱も珍しくないレース。今回は数あるデータの中から穴馬の選択にも役立つ厳選データを紹介します!

ツカゴシ

先出しするとなんと今年は想定1,2人気のドウデュースマテンロウレオが厳選データに該当せず。波乱の匂いが漂います!弥生賞の予想は我々にお任せください!

弥生賞2022において重賞攻略プロセスが絶対に抑えておくべきと考えている厳選データはこちら!

POINT前走

堅軸はホープフルS組

弥生賞は、同舞台のGIホープフルS組が好成績を残すレースです。

下記は、弥生賞における前走ホープフルS組(GI昇格以降)の成績です。

■弥生賞の前走ホープフルS組の成績(過去4年)
年度 着順 馬名 前走着順
21年 1着 タイトルホルダー 4着
3着 ダノンザキッド 1着
20年 2着 ワーケア 3着
3着 オーソリティ 5着
4着 ブラックホール 9着
19年 3着 ブレイキングドーン 5着
4着 ニシノデイジー 2着
18年 3着 ジャンダルム 2着
4着 サンリヴァル 4着

上記の通り【1-1-4-3】で、なんと出走馬全頭が4着以内に好走しています。弥生賞と同舞台で行われるGIなだけあって、直結度が極めて高い一戦と言えるでしょう。今年も、少なくとも軸に関してはホープフルS組から選ぶのがベターではないでしょうか。

今年の前走ホープフルS組は3着のラーグルフと5着のボーンディスウェイの2頭です。この2頭は共に中山芝2000mでの勝ち鞍があり、今回の舞台適性の高さを証明している点も心強いです。前走GI・重賞で勝利を収めた馬の人気の影に隠れそうな点も馬券的には嬉しいですね!

POINT脚質

穴は先行馬から

弥生賞は、先を見据えたトライアルレースなだけあって、スローペースになる事が多いレースです。その為、展開利を受ける事のできる先行馬が穴を開けるケースが目立つレースです。

下記は弥生賞過去10年(良馬場)における、下位人気(7人気以下)で馬券になった馬の前走4角通過順位です。

■良馬場開催の弥生賞で馬券になった7人気以下の馬の前走4角番手(過去10年)
年度 人気 着順 馬名 前走4角番手
17年 8人気 2着 マイスタイル 3番手
15年 10人気 3着 タガノエスプレッソ 10番手
13年 10人気 2着 ミヤジタイガ 3番手
12年 9人気 1着 コスモオオゾラ 2番手

ご覧の通り、7人気以下で馬券になった4頭中3頭が前走4角3番手以内で競馬をしている馬でした。ちなみに10頭立ての4人気ながら勝利した昨年の勝ち馬タイトルホルダーも、前走4角3番手で競馬をした先行馬でした。今年の弥生賞も穴の先行馬には要注意です。

今年は1つ目の厳選データにも該当していたラーグルフボーンディスウェイの2頭に加え、人気薄では前走で同舞台の一戦を勝利したアスクビクターモア、若駒Sでの逃げて勝利を収めたリューベックが該当します!

なお厳選データ2つの該当馬に想定1,2人気のドウデュースマテンロウレオはともに該当せず。今年は波乱決着があるかもしれません!

厳選推奨馬
3月4日(金)更新

ここまで弥生賞2022の競馬成駿予想家の有力馬への見解&絶対に抑えておきたい厳選データを見てきました。

ツカゴシ

水曜更新の厳選データでお話した通り、弥生賞は"前走ホープフルS×先行馬"を狙うのが勝利の鉄則。今年もセオリー通りに前走ホープフルS×先行馬に狙いを定めます!

これらを踏まえた弥生賞2022で買うべき【◎鉄板軸馬&★特注穴馬】は...

◎鉄板軸馬

ラーグルフ
推定4番人気(単勝8.9倍)

ラーグルフ

鉄板軸馬はホープフルS3着のラーグルフです。弥生賞の好走パターンである前走ホープフルSの先行馬。ホープフルS組の中でも最先着を果たしていますし、2走前には今回と同舞台の芙蓉Sを勝利している様に舞台適性も申し分なしと言えるでしょう。配当妙味も期待でき、文句なしの鉄板馬です!

★特注穴馬

ボーンディスウェイ
推定7番人気(単勝34.2倍)

ボーンディスウェイ

爆穴馬もラーグルフ同様、弥生賞の好走パターンである前走ホープフルSの先行馬であるボーンディスウェイです。全2勝を中山芝2000mで挙げる出走馬屈指の舞台巧者でもありますし、波乱の立役者として期待します!

ナカノ

ここまで有力馬について、競馬成駿予想家の見解と共に紹介しましたが、東大卒・水上学をはじめとする各予想家の弥生賞2022の予想はWEB競馬新聞「競馬成駿」にて公開!

ツカゴシ

難解を極めた阪急杯も、7年連続黒字収支を達成した今川秀樹の手にかかれば本線で仕留める事が出来ます!勝ち馬ダイアトニックに◎を打つのはもちろん、馬券の肝となった9人気2着のトゥラヴェスーラを☆の本線に評価!

ビッグレースが続く春競馬の重賞戦線で、今年も大暴れを見せてくれる事でしょう!

競馬JAPAN
ナカノ

競馬JAPANでは今だけお得なキャンペーン実施中!競馬JAPANが発行するWEB競馬新聞「競馬成駿」を日本ダービーまでGI&重賞全レース無料公開しています!

ツカゴシ

もちろん絶好調・競馬成駿予想家の 弥生賞2022の最終印◎○▲&見解今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
弥生賞2022の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

早く登録した分だけ多くの予想をご覧いただけます!

是非この機会にお試しください。お待ちしてます!

ツカゴシ

最後までご覧いただきありがとうございました!来週は豪華メンバーが揃った金鯱賞を取り上げます!

人気上位馬の取捨に頭を悩ます一戦となりそうですが、成駿予想陣の見解から有力馬に明暗がハッキリ分かれます!有力馬分析は3月6日(日)に公開しますのでお楽しみに!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line