協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 競馬ニュース
  4. 【スプリンターズS】ファインニードルが史上5頭目の春秋スプリントG1連覇達成!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬ニュース

2018年09月30日(日)更新

【スプリンターズS】ファインニードルが史上5頭目の春秋スプリントG1連覇達成!

ニュース提供:競馬ラボ

ファインニードル

9月30日(日)、4回中山9日目11Rで第52回スプリンターズS(G1)(芝1200m)が行なわれ、川田将雅騎手騎乗の1番人気・ファインニードル(牡5、栗東・高橋忠厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:08.3(稍重)。

2着にはクビ差で11番人気・ラブカンプー(牝3、栗東・森田厩舎)、3着には半馬身差で13番人気・ラインスピリット(牡7、栗東・松永昌厩舎)が続いて入線した。

好スタートを切ったのはナックビーナスだったが、それを制してワンスインナムーンが先手を主張。2番手にラブカンプー、ナックビーナスは3番手に付け、ファインニードルはちょうど中団あたりを追走。レースは速い流れで進み、ワンスインナムーンが15頭を従えて直線へ。
ラブカンプー、ナックビーナス、ラインスピリットら先行勢が懸命に粘りを見せるところへ馬場の中央からやって来たのはファインニードル。ラブカンプーが押し切る寸前、クビ差捕らえてゴールに入った。
なお、ラッキーバブルズは,左前繋靭帯不全断裂を発症したため最後の直線コースで競走を中止した。

勝ったファインニードルは、春の高松宮記念の覇者で、史上5頭目となるスプリントG1春秋連覇を達成。昨年は12着と伸びを欠いたレースだったが、1年を経て大きく成長。レッドファルクスの3連覇を阻み、新たな短距離王が誕生した。
馬主はゴドルフィン、生産者は日高町のダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

スプリンターズSの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ファインニードル
  • (牡5、栗東・高橋忠厩舎)
  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:ニードルクラフト
  • 母父:Mark of Esteem
  • 通算成績:27戦10勝
  • 重賞勝利:
  • 18年スプリンターズS(G1)
  • 18年高松宮記念(G1)
  • 17、18年セントウルS(G2)
  • 18年シルクロード(G3)


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。