競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【朝日杯FS】ドゴール黒岩師「この馬自身が終いに脚を使えることをテーマに臨みたい」
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像フェブラリーステークス2020の出走予定馬と予想オッズの紹介、データ分析を行って...
続きを読む

フェブラリーステークス2020

サムネ画像2020年最初の東京開催が開幕します。日本の競馬を象徴する競馬場として、競馬ファ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年12月12日(水)更新

【朝日杯FS】ドゴール黒岩師「この馬自身が終いに脚を使えることをテーマに臨みたい」

ニュース提供:競馬ラボ

ドゴール

朝日杯FSへ向けて調整されるドゴール(外)

12日、朝日杯FS(G1)の追い切りが美浦トレセンで行われた。

●前走、サウジアラビアロイヤルカップ2着のドゴール(牡2、美浦・黒岩厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F67.7-51.9-38.5-12.5秒をマークした。

【黒岩陽一調教師のコメント】
「この中間も乗り込み量は十分ですし、最終追い切りは先行してサラッと時計を出す程度でやりました。前走は距離がマイルに延びることと、距離が延びても終いに脚を使えるかということを課題としてレースに臨みました。出遅れてもそれまでに比べてマシでしたし、道中は後方で折り合いをつけて終いに脚を使ってくれました。勝ち馬には離されましたが、課題については克服してくれましたね。

初めて入厩してゲート試験に合格して初戦、前走を使うまでずっと在厩調整で進めてきましたが、それでも少しずつ馬体重は増えてきていました。前走後は放牧に出して今は馬体重が460キロくらいになりましたし、だいぶ体がしっかりしてきました。前走の勝ち馬は強いと思いますし他にも強い馬はでてきますが、それよりもまずはこの馬自身が終いに脚を使えることをテーマに臨みたいです。強い相手との差を詰められればと思いますし、荒削りながらこの中間もその差を詰められるだけの調整ができたのではないかと思っています」

●新企画盛りだくさん!中山全レース予想や総勢100人超がグランプリを語る!
有馬記念・超総力特集ページはコチラ⇒⇒⇒

●12月19日(水)にイベント『生うまトークサミット~有馬記念スペシャルナイト~』を開催!
「生うまトークサミット」特設サイトはコチラ⇒⇒⇒