協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 競馬ニュース
  4. ガリレオ産駒のサトノフラクタルが6馬身差の圧勝!…阪神新馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬ニュース

2014年03月02日(日)更新

ガリレオ産駒のサトノフラクタルが6馬身差の圧勝!…阪神新馬

ニュース提供:競馬ラボ

14年3月2日(日)、1回阪神2日目5Rでサラ系3歳新馬(芝2000m)が行なわれ、和田 竜二騎手騎乗の1番人気・サトノフラクタル(牡3、栗東・池江寿厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:03.3(良)。

2着には6馬身差で5番人気・メイショウヤエ(牝3、栗東・中村厩舎)、3着には4番人気・ディライトフル(牡3、栗東・大久龍厩舎)が続いて入線した。

サトノフラクタルが馬なりでハナに立ち、内から押してカレンクリスティーがこれに続く。少し離れてバターカップ、ヘレンらが追走し、ゆったりとしたペースでレースが展開する。3コーナーからディライトフルが仕掛けて行き、サトノフラクタルもこれに応戦。2頭が後続を4馬身ほど突き放して直線へ。ここからサトノフラクタルがもう一伸びを見せ、追いすがったディライトフルとのリードをみるみるうちに広げていく。最後は2着に6馬身差をつける大楽勝で、素質馬・サトノフラクタルが圧倒的な1番人気に応えて初陣を飾った。

勝ったサトノフラクタルは、2010年から4年連続でイギリス・アイルランドのリーディングサイヤーを獲得している大種牡馬・ガリレオの産駒。近親には米G1・2勝のスキャンがいる世界的な良血馬で、その血に秘めた能力の高さを見せつけるような快勝劇だった。
馬主は里見 治氏、生産者はアメリカのWinStar Farm, LLC。馬名の意味由来は「冠名+幾何学模様の様に見ていると引き込まれる美と強さ」。

【このレースの全着順・払戻金はこちら】

サトノフラクタル
(牡3、栗東・池江寿厩舎)
父:Galileo
母:It Must Be Magic
母父:Storm Cat




※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。