協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 競馬ニュース
  4. 【菊花賞】円熟の最年長V! 武豊&ワールドプレミアが鮮やかに抜け出しG1初制覇
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬ニュース

2019年10月20日(日)更新

【菊花賞】円熟の最年長V! 武豊&ワールドプレミアが鮮やかに抜け出しG1初制覇

ニュース提供:競馬ラボ

ワールドプレミア

10月20日(日)、4回京都7日目11Rで第80回菊花賞(G1)(芝3000m)が行なわれ、武豊騎手騎乗の3番人気・ワールドプレミア(牡3、栗東・友道厩舎)が優勝。スタートを決めて無理なく中団のインを追走。巧みなコーナーワークで4コーナーをすり抜けると、直線でも力強い伸び脚で後続を振り切った。勝ちタイムは3:06.0(良)。

2着にはクビ差で8番人気・サトノルークス(牡3、栗東・池江寿厩舎)、3着には1馬身差で1番人気・ヴェロックス(牡3、栗東・中内田厩舎)が続いて入線した。

勝ったワールドプレミアは、全兄に重賞2勝のワールドエースがいる血統で、2016年のセレクトセールにて2億5920万円で落札された良血馬。1年前の菊花賞デーにデビューし、のちに弥生賞を勝つメイショウテンゲンを破って新馬勝ち。春のクラシックには縁がなかったが、秋初戦の神戸新聞杯ではサートゥルナーリアと並ぶメンバー最速の上がりで3着に入り、菊花賞の権利を獲得。その勢いのまま、一気にクラシックホース不在の菊本番で初重賞タイトルをG1で手に入れた。
馬主は大塚亮一氏、生産者は安平町のノーザンファーム

菊花賞の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ワールドプレミア
  • (牡3、栗東・友道厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:マンデラ
  • 母父:Acatenango
  • 通算成績:6戦3勝
  • 重賞勝利:
  • 19年菊花賞(G1)


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。