{* *}

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【有馬記念】リスグラシューが5馬身差の圧勝で有終V!アーモンドアイ9着
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

フェブラリーステークス2020

サムネ画像2020年最初の東京開催が開幕します。日本の競馬を象徴する競馬場として、競馬ファ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の京成杯を制したのは、吉田豊騎手が騎乗したクリスタルブラックでした。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年12月22日(日)更新

【有馬記念】リスグラシューが5馬身差の圧勝で有終V!アーモンドアイ9着

ニュース提供:競馬ラボ

リスグラシュー

12月22日(日)、5回中山8日目11Rで第64回有馬記念(G1)(芝2500m)が行なわれ、D.レーン騎手騎乗の2番人気・リスグラシュー(牝5、栗東・矢作厩舎)が優勝。アエロリットが後続を引き離して逃げる中、2番手集団の中団インを抜群の手応えで追走。直線入り口でスムーズに外へ持ち出すと、あとは一気の伸びで後続を突き放した。勝ちタイムは2:30.5(良)。

2着には5馬身差で3番人気・サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居厩舎)、3着にはクビ差で4番人気・ワールドプレミア(牡3、栗東・友道厩舎)が続いて入線した。

1番人気に支持されたアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝厩舎)は9着に敗れた。

勝ったリスグラシューは、宝塚記念、コックスプレートに続いてG1を3連勝で有終V。空前の好メンバーが揃った一戦での5馬身差圧勝で年度代表馬に大きく前進。驚異の成長力を見せた名牝が鮮やかにラストランを飾った。

馬主は有限会社キャロットファーム、生産者は安平町のノーザンファーム

1着 リスグラシュー(Dレーン騎手)
「スタートがとても良かったです。ポジションよりリズムを重視しました。手応えが良過ぎましたね。とにかく外へ出そうと思っていましたが、あまりに反応が良く、前を交わしてからはもう誰にも交わされないと思っていました。ゴールの瞬間はこの馬が引退することが残念に思ったほどです。世界一になれる可能性のある馬です」

有馬記念の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • リスグラシュー
  • (牝5、栗東・矢作厩舎)
  • 父:ハーツクライ
  • 母:リリサイド
  • 母父:American Post
  • 通算成績:22戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 19年有馬記念(G1)
  • 19年コックスP(G1)
  • 19年宝塚記念(G1)
  • 18年エリザベス女王杯(G1)
  • 18年東京新聞杯(G3)
  • 16年アルテミスS(G3)

リスグラシュー
リスグラシュー
リスグラシュー
リスグラシュー
リスグラシュー

プレゼンターは葵わかなさん


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。