競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【東京新聞杯】得意の舞台で5歳牝馬プリモシーンが豪快な差し切り勝ち!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像このページでは 牝馬クラシック開幕戦・桜花賞の ①出走予定馬&予想オッズ...
続きを読む

春の中山・阪神・中京攻略

サムネ画像昨年は、水上学が「戦略的集中プロジェクト」にて馬連1万2890円、3連単11万0...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 30日、月曜日の昼前に遠野の携帯が鳴った。「とのさんさぁ。申し訳ないけど今日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2020年02月09日(日)更新

【東京新聞杯】得意の舞台で5歳牝馬プリモシーンが豪快な差し切り勝ち!

ニュース提供:競馬ラボ

プリモシーン

2月9日(日)、1回東京4日目11Rで第70回東京新聞杯(G3)(芝1600m)が行なわれ、M.デムーロ騎手騎乗の4番人気・プリモシーン(牝5、美浦・木村厩舎)が優勝。道中は先行勢を見る形で好位のインを追走。直線で馬場の真ん中に持ち出すと、M.デムーロ騎手のアクションに応えて一気に差し切った。勝ちタイムは1:33.0(良)。

2着には半馬身差で6番人気・シャドウディーヴァ(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)、3着にはハナ差で5番人気・クリノガウディー(牡4、栗東・藤沢則厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたレッドヴェイロン(牡5、栗東・石坂正厩舎)は9着に敗れた。

勝ったプリモシーンは、18年関屋記念以来となる勝利で重賞3勝目。昨年は勝利こそなかったが、同じ東京マイル戦のヴィクトリアマイルでクビ差2着などマイル路線で活躍。2年連続のちのG1ホースを輩出している出世レースを制し、今年は悲願のG1タイトル奪取へ挑む。
馬主は有限会社シルクレーシング、生産者は安平町のノーザンファーム

東京新聞杯の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • プリモシーン
  • (牝5、美浦・木村厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:モシーン
  • 母父:Fastnet Rock
  • 通算成績:14戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 20年東京新聞杯(G3)
  • 18年関屋記念(G3)
  • 18年フェアリーS(G3)


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。