競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. コティニャックがアタマ差の競り合い制す…阪神新馬
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像ここでは例年以上の豪華メンバーが集結した中山記念2020のデータ分析を行っていき...
続きを読む

春の中山・阪神・中京攻略

サムネ画像昨年は、水上学が「戦略的集中プロジェクト」にて馬連1万2890円、3連単11万0...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2014年12月21日(日)更新

コティニャックがアタマ差の競り合い制す…阪神新馬

ニュース提供:競馬ラボ

12月21日(日)、5回阪神6日目5Rで2歳新馬(芝2000m)が行なわれ、田辺裕信騎手騎乗の4番人気・コティニャック(牡2、栗東・今野厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:05.2(稍重)。

2着にはアタマ差で2番人気・ショウボート(牡2、栗東・石坂厩舎)、3着には2馬身差で5番人気・バイザウェイ(牡2、栗東・高橋忠厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたメリーモナーク(牡2、栗東・橋田厩舎)は4着に敗れた。

ゲートが開き、ドラゴンバローズ、エイシンナセル、コティニャックがハナ争い。制したのはドラゴンバローズで、主導権を握る。コティニャックは少し控えて3番手。向こう正面では隊列が縦長になるも、3コーナー手前から集団が凝縮。一団となって、直線を迎える。そこから抜け出したのはコティニャック。外からショウボートも伸びてくるが、先頭は譲らない。ゴール前まで競り合ったが、最後はアタマ差でコティニャックに軍配が上がった。

勝ったコティニャックの母オルレアンはダートで活躍しており、兄たちの出走歴も全てダート。産駒では初の芝コース挑戦となったが、見事に勝利を収めた。馬主は伊達敏明氏、生産者は日高町のサンシャイン牧場。馬名の意味由来は「オルレアンの銘菓。最も古いデザートの一つ」。

2歳新馬の結果・払戻金はコチラ⇒

コティニャック
(牡2、栗東・今野厩舎)
父:ハーツクライ
母:オルレアン
母父:アフリート

コティニャック

コティニャック

コティニャック

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。