競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【共同通信杯】いざクラシックへ!アヴニールマルシェら14頭が登録
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像ここでは例年以上の豪華メンバーが集結した中山記念2020のデータ分析を行っていき...
続きを読む

春の中山・阪神・中京攻略

サムネ画像昨年は、水上学が「戦略的集中プロジェクト」にて馬連1万2890円、3連単11万0...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2015年02月08日(日)更新

【共同通信杯】いざクラシックへ!アヴニールマルシェら14頭が登録

ニュース提供:競馬ラボ

2月15日(日) 1回東京6日目に行われる第49回 共同通信杯(G3)(3歳 国際 特指 別定 芝1800m)の特別登録馬14頭が発表された。

デビューから3戦してオール連対のアヴニールマルシェ。前走の東スポ杯2歳Sではそれまでとは一転した先行策でクビ差2着に入った。行って良し控えて良しと競馬に幅が出てきたことは強みになる。ここは賞金を加算し、クラシック出走を確実にしたいところだ。

ドゥラメンテは前走のセントポーリア賞の勝ち方が鮮やかだった。2着に0秒9もの大差をつける圧勝劇に期待は高まっている。デビューから全て東京1800mを使っていることも好材料の一つ。中1週のローテーションとなるだけに出走は状態を見てからの判断になるが、出てくれば、このメンバー相手でも勝ち負けまで期待できる。

2戦2勝のアンビシャスは重賞初挑戦。2走ともメンバー最速の上がりを記録しているが、いずれも中団より前目での競馬であり、そのレースセンスは抜群。初の長距離輸送や左回りと課題は少なくないが、あっさりクリアしてきても、おかしくない能力を秘めている。

重賞で結果を残せていないダノンメジャーティルナノーグ。前者は京都2歳Sこそ2着だったものの、年末のホープフルSでは1番人気に推されながら9着と完敗。後者は同様のレースを7着10着と見せ場なく終わっている。ともに再始動を目指す一戦になりそうだ。

ソールインパクトは重賞戦線であと一歩の競馬が続いている。すでに6戦を使われており、その全てが掲示板と安定感は光るが、クラシック参戦のためにはそれ以上の結果がほしい。経験というアドバンテージを生かせるかが勝敗を分けるポイントになる。

新馬勝ちからの参戦となるリアルスティール。しかしその素質は確かで、父ディープインパクト、母父ストームキャットの配合はキズナやラキシスなどG1ホースを多数輩出している。強敵を相手にどれだけ走れるのか、ここは現状の力を測る絶好の機会だ。

過去にはイスラボニータやゴールドシップなどが優勝。その後のクラシックでも主役を張っているように、ステップレースとしての重要度が年々増しているこのレース。今年もここからG1ホースへと飛躍を目指す若駒たちの熱戦に期待したい。登録馬は以下の通り。

アヴニールマルシェ 56
アンビシャス 56
コスモナインボール 56
シゲルケンカヤマ 56
ショウボート 56
シンボリタピット 56
ソールインパクト 56
ダノンメジャー 57
ティルナノーグ 56
ドゥラメンテ 56

マイネルサクセサー 56
ミュゼエイリアン 56
メイプルレインボー 56
リアルスティール 56

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。