競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 地方所属馬として初めてJRAのG1を勝ったメイセイオペラが死亡
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像このページでは 牝馬クラシック開幕戦・桜花賞の ①出走予定馬&予想オッズ...
続きを読む

春の中山・阪神・中京攻略

サムネ画像昨年は、水上学が「戦略的集中プロジェクト」にて馬連1万2890円、3連単11万0...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 30日、月曜日の昼前に遠野の携帯が鳴った。「とのさんさぁ。申し訳ないけど今日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2016年07月08日(金)更新

地方所属馬として初めてJRAのG1を勝ったメイセイオペラが死亡

ニュース提供:競馬ラボ

1999年のフェブラリーSを地方所属のまま制するなどG1・3勝を挙げたメイセイオペラが1日、繋養先の韓国で心不全のため死亡していたことが明らかになった。22歳だった。

同馬は1996年に盛岡競馬場でデビュー。初戦を快勝したあと、2勝目を挙げるのに5戦を要したが、そこから破竹の9連勝で東北ナンバーワンとなった。しかし、中央馬相手のダービーグランプリ、スーパーダートダービーでは全く歯が立たず、ともに10着と敗れた。

古馬となって一戦毎に力を付け、地元の交流重賞マーキュリーCを7馬身差で圧勝すると、秋の南部杯で悲願のG1タイトルを手に入れる。そして、迎えた1999年1月のフェブラリーSで中央馬の追撃を振り切って地方所属馬として初めてとなるJRAのG1を勝利。今なおこのメイセイオペラしか記録していない大偉業を成し遂げた。

同年6月には大井の帝王賞を勝利し、地方最強馬の座を不動のものとした。その後、地元では圧倒的な強さを見せるも、体調がなかなか噛み合わず、連覇を狙った翌年のフェブラリーSは4着。帝王賞では14着と大敗を喫し、地元のみちのく大賞典では力の違いを見せ付けたが、屈腱炎を発症し、そのレースを最後に引退、種牡馬入りとなった。

種牡馬としては初年度こそ84頭に種付けを行ったが、目立った活躍馬が出ず、徐々に産駒が減少。しかし、輸出された産駒が韓国で活躍したことを受けて、2006年に韓国へ渡り、2011年にはソスルッテムンが韓国の皐月賞に当たるKRAカップマイルを内田利雄騎手の騎乗で勝利。海の向こうでも大仕事をやってのけた。

岩手競馬では、岩手競馬史に輝かしい功績を残した同馬の追悼のため、7月9日(土)より盛岡競馬場アトリウム2階に献花台及び記帳台を設置する。

メイセイオペラ(牡22)
父:グランドオペラ
母:テラミス
母父:タクラマカン
通算成績:35戦23勝
G1勝利:
99年フェブラリーS(G1)
99年帝王賞(G1)
98年マイルCS南部杯(G1)

【韓国・プルン牧場代表キム・ジョンシク氏のコメント】
「日本の伝説的な名馬を預かることができ、韓国のクラシック競走の優勝馬も生産することができました。関係者の皆様、韓国での活躍を応援してくださったファンの皆様に心から感謝を申し上げます。今年は種付けを3頭に行っていたのですが、このようなことになってしまい残念です。メイセイオペラの冥福を祈ります」