協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 特集企画
  3. 秋の東京・京都攻略ガイドブック
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬特集

秋の東京・京都攻略ガイドブック

2020年09月25日(金)更新

2020年のハイライト!秋の東京・京都の獲れる・儲かる馬券術をご紹介

ツカゴシ

いよいよ始まる秋の東京開催!

幅員が広く直線も長いコースレイアウトから、紛れが少なく実力馬、渾身の勝負仕上げが成功しやすくなります。これが東京開催の特徴。ゆえに、馬券を買う側にとっても「ここゾ!」の馬券が面白いように嵌るんです!

ナカノ

昨年の秋開催でも、成駿本紙チームがAランク提供した勝負鞍は4戦3勝のハイアベレージ。真摯な精査と勝負処を逃さない嗅覚さえあれば、乾坤一擲の勝負レースを正確に仕留められる特別な開催です。

しかも、ただ当たるだけではありません。先述した成駿本紙チームのAランク勝負レース4戦3勝のうち、なんと2鞍が万券的中!必然の本命馬から勝負掛かりの人気薄を組み合わせることにより、大きな配当を手にするチャンスも増すのです。

ナカノ

11月から大規模なリニューアル工事に入る京都競馬場。数々の名勝負の舞台となった西の花形競馬場とのしばしの別れを惜しみつつ、バリエーション豊かなレースを楽しみたいところですが、この京都開催の正体といえば、超高配当連発の穴開催。

脚質と枠のバイアスが出やすいことから、実力で劣る人気薄が展開や馬場を味方に付けて激走すること多数。そして、それを事前に読み解くことで、信じられない高配当を実際に手に入れることができるのです。

ツカゴシ

そんな京都競馬における穴馬券獲得メカニズムを知り尽くすのが、万券ファンタジスタ・今川秀樹さん、そして、その師であるラップ理論のパイオニア・上田琢巳さんです。

昨年もこの2人は、秋の京都開催でドデカイ馬券を次々と仕留め、大変多くの会員様から反響を頂戴することに成功! 馬場を見極め、展開を推理する術に長けた彼らだからこそ獲れた大万馬券の数々。そして、それらを事前にご覧いただけるのは、競馬JAPAN読者の方々だけなのです。

ナカノ

ともに三冠馬誕生なるかで注目を集める秋華賞、菊花賞。最強古馬決定戦となる天皇賞・秋などなど、手に汗握る注目レースが毎週のように行われる秋の東京・京都開催。

秋のハイシーズンも、競馬JAPANは検証と精査を繰り返し、皆様の競馬ライフがより一層充実したものになるよう、努力を惜しみません。是非、競馬JAPANとともに“実りの秋”をお迎えください!