協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 特集企画
  3. 秋の中山・中京完全攻略講座
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬特集

秋の中山・中京完全攻略講座

2021年09月02日(木)更新

境・今川が秋の中山・中京のコース別攻略法を伝授!

ツカゴシ

競馬JAPAN会員の皆様、いよいよ秋競馬がスタートしますね!
その開幕を告げるのは『秋の中山・中京開催』です!例年であれば『中山・阪神』の二場開催ですが、昨年から京都競馬場改修工事の影響で、関西の主戦場が中京競馬場に。

そこで今回は『秋の中山・中京完全攻略講座』と題し、血統スナイパー・境和樹さんと、万券ファンタジスタ・今川秀樹さんに秋の中山・中京開催の各コースの攻略法を様々な視点から伺っていこうと思います!これを見れば、秋競馬のスタートダッシュを決められる事間違いなしです!

ツカゴシ

まずはスプリンターズSが行われる、中山芝1200mの話から伺っていこうと思います。

イマガワ

このコースは、毎年この企画で話しているような気がしますが、まずはどの馬が逃げるのかを予想する所からスタートです。それだけ逃げ馬が強いコースと言えますね。この開催の過去3年のデータを見ても、逃げ馬の複勝率が53.8%ですからね。

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 10- 9- 2- 18/ 39 25.6% 48.7% 53.8%
先行 11- 15- 18- 92/136 8.1% 19.1% 32.4%
差し 14- 13- 16-178/221 6.3% 12.2% 19.5%
後方 4- 1- 3-185/193 2.1% 2.6% 4.1%

▶秋の中山芝1200m脚質別成績(過去3年)

イマガワ

昨年のスプリンターズSは、異例とも言える外優勢の馬場で、レースも超ハイペースで流れた事で差し馬が台頭を見せましたが、基本的にはとにかく逃げ馬をマーク。これが予想のセオリーですね。

ツカゴシ

その"異例"の差し決着をきっちり読み切って、馬連1点目530円、3連複1万0430円、3連単2万2540円を的中させた大物生産者?氏はお見事でしたね。

競馬JAPANとしては一昨年のスプリンターズSも大本線的中をお届けしており、ドル箱GⅠとしてお馴染みですからね!今年も競馬JAPANの最終結論は必見ですね。

ツカゴシ

境さん、血統面から注目すべき点はありますか?

サカイ

中山芝1200mはなんと言ってもミスプロ系ですね。元々この舞台ではマジョリティではなかった系統なんですが、16年の馬場改修を皮切りに、17年、19年のスプリンターズSで1〜3着を独占するなどこの舞台で抜群の存在感を見せています。

イマガワ

なるほど、馬場改修が影響してるんですね。

サカイ

そしてもう一頭、注目の種牡馬がマツリダゴッホ過去3年で【2・1・3・5】と少数ながら複勝率54.5%と抜群の成績を残しています。それも好走馬は14人気や12人気など軒並み人気薄。これは見つけたら自動的に買いでいいと思いますね。

ツカゴシ

さて、まずは開幕週に京成杯AH(GⅢ)が行われる、中山芝1600mについて伺っていこうと思います。何か目立つ傾向などはありますか?

イマガワ

中山マイルを筆頭に、この開催の開幕週はとにかく時計が速く、非常にイン前有利のバイアスが強く出ます。ツカゴシ君が挙げてくれた、京成杯AHにしても逃げ馬トロワゼトワルが連覇しており、ここ2年で3着以内に好走した馬はすべて4角3番手以内で競馬をした馬でした。

イマガワ

時計が速ければ速いほどこの傾向は顕著になるので、開幕週の時計の出方には注意したいですね。

ツカゴシ

血統面からは、何か注目すべき点はありますか境さん?

サカイ

今話しに上がっているロードカナロア産駒のトロワゼトワルが京成杯AHを連覇している事が、まさに中山マイルの血統傾向を如実に表していると言えますね。

中山マイルは季節問わずとにかくキングマンボ系の独壇場です。

中でも見つけたら買いと言えるのがローズキングダム産駒ですね。過去2年で延べ15頭が出走し【3.1.1.10】で複勝率33.3%。回収率ベースで見ても単勝回収率218%、複勝回収率121%!

イマガワ

僕が勝手に愛馬と呼んでいるロザムールも、ローズキングダム産駒で中山マイルで複数回穴を開けていますね。

サカイ

そうだね。15頭の平均人気が9.8人気という数字からもわかる通り、基本的には地味な種牡馬というのあり、人気薄での出走が目立つのがこの産駒の特徴。見つけたら黙って買いでいいと思いますね。

ツカゴシ

続いては、中京のダートコースについてお話を伺いたいと思います。何か攻略法はありますでしょうか?

イマガワ

中京のダートは距離問わず、とにかく3,4角のスパイラルカーブをどう捌くかがポイントですね。
昨年のチャンピオンズCで断然人気ながら4着に敗れたクリソベリルも、大外枠から外々を回る形で失速しましたが、あの形の競馬が一番中京ダートではやってはいけない競馬なんですよね。如何にコーナーをロスなく立ち回るか。中京ダートはこれが全てと言っても過言ではないです。

サカイ

確かに馬キャラ的にも、外々を回らざるを得なくなる砂被りを嫌う馬や、不器用なタイプは中京では取りこぼしが目立ちますよね。

イマガワ

そうなんです。なので差し馬を狙うにしても、いわゆる『イン差し』のできるタイプの馬を狙いたいですね。

そして、そういった特性がある以上中京ダートは騎手の意識でも大きな差が出てきますね。コーナーをロスなく立ち回る意識のある騎手が手綱を取っているだけで、大きなアドバンテージですし、反対に馬の力任せに外を回したがる騎手が乗っている場合は評価を下げたいですね。

ツカゴシ

具体的に、中京ダートで買いの騎手は誰なんですか?

イマガワ

個人的に、中京を分かっていると思ってる騎手は"松山、福永、川田"の3人ですね。さすがはトップジョッキーと言った所ではありますが、この3人は中京に限らずロスなく運ぶ事や、トラックバイアスに対する意識が強い騎手なんですよね。

イマガワ

得に注目したいのが松山騎手で、過去3年の中京ダートにおける勝ち星は群を抜いています。人気薄の馬に松山騎手が乗ってる時なんかは、とりあえず拾っておくのが得策だと思いますね。