協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 特集企画
  3. 年末年始 完全攻略セミナー
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬特集

年末年始 完全攻略セミナー

2021年11月25日(木)更新

年末年始開催はコレを見ればOK!境・今川が必勝法を伝授!

ナカノ

2021年の中央競馬もいよいよクライマックス。今年も白毛馬・ソダシの活躍や、日本競馬の悲願であったブリーダーズカップ制覇を成し遂げるなど、記憶に残る1年間となりましたね!

そんな2021年の競馬を締め括り、来たる2022年のスタートダッシュを決めるべく、今回は『年末年始開催』の攻略法を競馬JAPAN俊英予想家の皆さんに伺っていきます!

ナカノ

まずは12月からスタートする中山開催の攻略法を、今川秀樹さんに教えていただきます。昨年も今川さんは12/5(土)中山7Rで馬連162%回収、3連単1万2650円的中させている様に、年間通じて中山開催を得意としているイメージがあります。

ツカゴシ

中山は馬場傾向が非常に出やすい舞台なので、そのバイアスを掴む事さえできればしっかり回収できる舞台だと思いますね。わかりやすい例で言えば、昨年のターコイズSなんかが最たる例です。

ナカノ

競馬JAPANが誇る重賞特捜班が3連複1万1690円、3連単5万2740円を的中させたレースですね!

ツカゴシ

おおお、それはさすがの的中ですね。当時の中山の馬場はやや内有利のトラックバイアスが発生しており、結果的にこのターコイズSも内枠の3頭が上位を独占しました。この様に、馬場の偏りが発生しやすい年末年始の中山開催は、その傾向に素直に従って、内有利なら内枠の馬をまとめて買う。外有利なら外枠をまとめて買う。といった様な感じで、バイアスに素直に従いながら馬券を購入していけば、自ずと高配当にありつける開催と言ってもいいですね。

ナカノ

年末年始の中山開催と言えば、毎年水上さん(東大卒・水上学)が大暴れを見せる開催ですね。今年の年始も1/5(火)中山8Rで馬連4200円、3連単4万2400円を大的中させています。

ツカゴシ

さすがの一言ですね。
血統の事は水上さん、境さんに聞くのが一番だとは思いますが、冬の中山の芝はかなり時計を要するので、血統である程度ふるいに掛けることが出来るのかもしれませんね。ブラッドバイアスも発生しやすいと、以前境さんも仰っていました。

ナカノ

なるほど! すでに年始に大好評の『戦略的集中プロジェクト』を開催する事が決定していますし、今年の冬も水上さんに大暴れしてもらいましょう!

ナカノ

続いてはダートについてのお話を、境さんにお聞きします!
何かポイントなどありますでしょうか?

サカイ

冬の中山ダートはとにかくパワーの要求値が非常に高まる事が最大の特徴。なので、秋の東京ダートをスピードで押し切った様な馬がバンバン飛ぶんですよね。これを意識するだけでも、美味しい馬券にありつけるチャンスは広がると思います。

ナカノ

初心者の私の様な人向けに、何か見つけたら買い!の血統があれば教えてください!

サカイ

1200mで言えばとにかくストームキャット系ですね。
先ほどの話と繋がるんですが、反対に東京ダートと好相性のボールドルーラー系のパイロやシニスターミニスター産駒の様なスピードに秀でた系統は不振傾向にあります。とにかくテーマはタフさですね。

ナカノ

1800mについてはいかがでしょうか?

サカイ

これは毎年口酸っぱく言っていますが、父か母父にキングカメハメハが入っている馬に注目してください。冬の中山ダ1800m過去2年におけるキングカメハメハ産駒の成績は【6.8.2.12/28】で脅威の連対率50%。回収率ベースで見ても単勝回収率418%、複勝回収率141%の超高水準。これは見つけたら黙って買いでいいと思います。

ちなみに、未だサンプルが1年分しかないので何とも言えませんが、キングカメハメハを父に持つドゥラメンテ産駒も、昨年の冬の中山で3勝を挙げる活躍を見せました。今年も注意を払って追いたいですね。

ナカノ

今年は京都競馬場改修工事の影響で、超ロング開催となっている阪神開催ですが、年末の阪神を攻略する上でのポイントなどありますでしょうか?

イマガワ

序盤は時計の出る馬場でしたが、さすがに11月に入ってからは明らかに時計の掛かる馬場に変貌を遂げてきましたね。その結果がエリザべス女王杯のあの波乱に繋がった訳ですが、この傾向は更に加速していくでしょうね。

ナカノ

となると、パワータイプの馬が12月は台頭して来そうですか?

イマガワ

そうですね。時期は全く違いますが、昨年の夏の阪神開催の様な外差し殺到の消耗戦が増えてくると思います。

昨年は11月初週からのスタートだった分、年末までしっかり馬場が持ちましたけど、今年は10月初週からのロング開催ですからね。今、話しをしている11月末の段階でかなり時計を要してますからね。終盤に進むにつれて内<外のトラックバイアスが発生してくると思います。

ナカノ

今川さんは昨年末の阪神開催でも、12/12(土)阪神3Rでの馬連2290円(2点提供)、3連単5万6030円や、12/20(日)阪神12Rの馬連4480円(672%回収)、3連単4万1530円を的中させるなど大暴れでしたね!今年も期待していますよ!

イマガワ

一年間の集大成となる開催ですからね。有終の美と行きたい所です。

ナカノ

最後は年始の中京開催についてのお話を、本紙チームの和田さんに伺います!

ワダ

年始の中京はとにかく開催前半が稼ぎ時だね。

元々、3,4角がスパイラルカーブになっている関係で内枠でロスなく立ち回った馬が好走するレースではあるんだけど、開催前半は内の馬場が良い分その傾向に拍車がかかって、超が付くほど内が有利になるんだよ。

ナカノ

今年の年始も、開幕週の中京10Rで今川さんが内枠のレイホーロマンス(5人気)に◎を打って、馬連1万3650円(1365%回収)、3連複1万7420円を的中させていましたね。

ワダ

そうそう、まさにあのイメージ。

京都金杯も1枠のケイデンスコールが終始内にこだわる競馬で大穴を開けたけど、開催前半の年始の中京は内枠はもちろん事、内目を走らせようという意識の高い騎手なんかを狙うのもいいかもしれないね。中京の鬼である福永騎手はもちろんの事、若手で言えば松山騎手や鮫島駿騎手もそういった意識の強い騎手だからね。開催前半は大暴れしてくれるんじゃないかな。

ナカノ

中京は直線が長いので、大外一気が決まるとついつい思いがちですが、意外にも立ち回りの巧さが求められるんですね。

ワダ

初心者の人なんかは、直線が長い=差しが届くと思いがちだけど、この中京に限っては例外だね。高松宮記念も毎年内枠の馬が上位を独占するでしょ? その傾向がこの年始開催の前半はより色濃く出るというイメージで臨めばいいと思うよ。

ナカノ

分かりました。ありがとうございます!