協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 特集企画
  3. まるわかり完全ガイドブック
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬特集

まるわかり完全ガイドブック

2022年01月09日(日)更新

一撃200万GETも!2022年の馬券攻略ポイントを伝授

ナカノ

さぁ2022年の競馬シーズンも迫ってきました。今年も紆余曲折、様々なドラマが生まれましたが、競馬開催は待ってくれません! 日々変化を遂げる競馬界にしっかりと対応できるよう、我々競馬JAPANも2022年シーズンはさらにパワーアップを遂げて、目標である年間黒字収支に邁進していきます。

当コンテンツは、2022年の競馬JAPAN注目ポイントを挙げながら、サイトを効率よく活用いただけるような紹介ページとなっておりますので、ぜひご覧下さいませ。

ナカノ

競馬予想の最先端を進む競馬JAPANには、多士済々な予想家の皆さんが揃っています。今回お越しいただいた、和田保さんは元「1馬」TMとして、清水成駿と師弟関係。サイト創設当初からご活躍いただき、現在は競馬成駿本紙チームの一員として活動されております。和田さん、2022年の競馬JAPANはズバリどこが注目ポイントでしょうか。

ワダ

相対的に高まった情報力が2022年の大きな原動力になると思うよ。 昨今の流行病もあって、サークル内での情報収集が今までに比べて困難になっているんだけど、ウチの場合は●●さん(名前の出せない大物生産者)を筆頭に、この状況下でも新鮮な情報を入手できる態勢が整っているんだ。

その結果、他の一般紙に比べて情報力の低下がない分、相対的に情報収集力が武器になってきた。これは2021年を振り返る上での重大トピックスでもあるし、来年以降も同じ傾向は続いてくると思うね。

ナカノ

時代に対応した予想態勢が出来上がっているということですね。

ワダ

そうした情報力の向上に加えて、昨今のリモートワーク導入もあって、予想家の面々は今まで以上に予想に向き合う時間も増えた人も多いんだよ。それも時代への対応という迅速な動きが生んだ産物だ

ナカノ

なるほど、2021年のシーズンの好調の要因が分かってきた気がします!

ワダ

ようやくこの態勢にも慣れてきて、今年の下半期なんかはサイト全体で良い予想が増えてきた自負もある。まだまだ予断は許さない状況ではあるけど、競馬予想という点で言えば、しっかりと対応、進化できた1年だったし、2022年も年間黒字を目指して予想提供していきたいね。

ナカノ

確かに和田さんのおっしゃる通り、予想力と情報力が噛み合あったハイブリッド予想と言う意味では、12月に提供した月イチ大勝負は絶好の例ですね。大物生産者?氏が、自らの関係馬から大的中を仕留めた一戦は、2021年のハイライトとして今後も語り継がれることでしょう!

ワダ

僕も大興奮した大物生産者●●さんの大回収馬券。自身の関係馬である2頭を本命・対抗に据えての勝負馬券炸裂は流石の一言。これぞ関係者情報の真髄と言わんばかりの伝説に残る一撃だったね。

ナカノ

私も馬券を買って見守っていたので、テレビの前で絶叫しちゃいました(笑)。新聞やテレビには乗っていない裏話も交え、買える根拠がしっかり揃った月イチ大勝負は沢山の方から反響の声を頂きました。

ワダ

●●さんも相当力の入る一戦だったと聞いているよ。競馬JAPANだからこそ獲れる馬券を逃さないことが大幅黒字への最短距離だと思うから、2022年もこんな特大ホームランも狙っていきたいところだよ。

ナカノ

【名前の出せない大物生産者?氏】だけでなく、競馬JAPANには多くの現役TMの方々も在籍。かくいう和田さんも、人脈を生かして様々なルートから情報を仕入れていますね。

ワダ

そうだね。昔取った杵柄じゃないけど、清水さん伝いでお世話になった方々からは今も良い話を聞いているね。そうした裏話は本紙チームだけじゃなく、予想家全員に共有するようにしているよ。

ナカノ

和田さんの1馬時代の同僚である【新馬戦の鬼・柴田卓哉さん】は、いまも現地に足を運んで、調教や情報収集に余念がありません。

ワダ

柴田さんとは今のメンバーの中でも一番付き合いは長いかな。“足で情報を稼ぐ”を地で行く人だし、そうした日々の積み重ねが予想の好結果にも繋がっていると思う。僕も刺激を受けているし、若い人には負けまいとしているよ(笑)。

ナカノ

また、近年は【東スポ本紙・舘林勲さん】も加入。プレミアム予想を中心に独自の馬券理論や情報を駆使した予想提供は人気を博しています。

ワダ

それぞれの人脈を生かして、隅々までアンテナを張り巡らせるのが情報力に繋がる。そういう意味では齢を重ねるごとに、センサーは敏感になっているよ。●●さん(大物生産者?氏)を筆頭に、現地直送の新鮮な関係者情報を各予想家にフィードバックしていくから、2022年はチーム力を生かした馬券も楽しみにしてもらいたいな。

ナカノ

もちろん予想家の皆様は、自身の予想力アップにも余念はありません。エース予想家の【万券ファンタジスタ・今川秀樹さん】や【血統スナイパー・境和樹さん】といった皆さんは、常に予想スタイルをアップデート。日々進化を遂げている印象があります。

ワダ

そうだね。今挙げてくれた二人は特に、予想スタイルをマイナーチェンジしながら、現代競馬にフィットした予想を展開してくれている。変化を恐れずに思い切った狙いをしてくれるのが二人の強みだよね。

ナカノ

今川さんと言えば、ラップ理論や馬場バイアスを駆使した予想が持ち味ですが、時より血統面からのプッシュ馬から勝負することもありますね。

ワダ

それは血統予想の境くんの影響もあると思うよ。反対に境くんは馬場の話だったり、調教面も踏まえた予想スタイルも確立しつつある。お互い現状に満足することなく、総合力を高めている印象が強いね。

ナカノ

なるほど。総合的な予想と言えば、【東大卒・水上学さん】も血統面だけでなく、様々な視点での予想を展開されています。

ワダ

予想スタイルの区分けとしては血統に分類されるんだろうけど、「水上学」という分類が正しいんだろうね(笑)。それぐらい確固としたスタイルを確立しているし、ブレることがない。

ナカノ

だからこそ、競馬JAPANの人気企画「戦略的集中プロジェクト」でも、これまで何本ものスマッシュヒットをかっ飛ばしてくれているんですね!

ワダ

そういうこと。2022年も水上さんの勝負馬券は、同じ予想家としても目が離せないね。今から楽しみでならないよ。

ナカノ

和田さんと言えば、2021年の秋シーズンから「戦略的おためし馬券」を担当されています。すごく人気のコンテンツで、毎週のように反響を頂いていますよ!

ワダ

それは嬉しい限りだよ。
清水さんから「ファンの方を大事にしないといけない」という教えを頂いているから、少しでも皆さんに還元できるよう、馬券力向上に繋がる予想論や競馬の見方をお伝えできればと思っているんだ。

ナカノ

確かにご覧の皆様からは的中結果へのお喜びの声だけでなく、「馬券の買い方で勉強になることが非常に多いので毎週楽しんで読ませてもらっています」というお声も少なくありません。

ワダ

競馬に絶対はないから、予想結果としてうまくいかないこともあるけど、そういう時でも、馬券力UPに繋げる情報をお伝えできれば、長い目で見ると利益に繋がると思っている。競馬JAPANの基本スタイルである、中・長期的な視野での馬券作戦という一面を、無料コンテンツを通じて味わってもらえれば嬉しいよ。

ナカノ

戦略的おためし馬券では、和田さんとタッグを組む【重賞トリプルトレンドチーフスタッフ・ツカゴシさん】も和田さんから刺激を受けているそうですよ!

ワダ

ツカゴシくんとも連絡を取り合いながら、互いに競争して良い予想を提供していきたいね。でもまだまだ若い人には負けられんよ(笑)。2022年もツカゴシ君とのタッグで1枚でも多くの的中馬券をお届けしていきたいね!

ナカノ

皆様、いかがでしたでしょうか。2022年の競馬JAPANも「会員様ファースト」の理念の基、真心こめたサイト運営、予想提供に努めて参ります。

一人でも多くの方に、競馬予想の奥深さ、面白さを伝えられるよう、そして期待されている皆様に結果で応えられるよう、精進していきます。是非2022年も競馬JAPANを片手に、毎週末の競馬予想をお楽しみ下さい!