協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 特集企画
  3. 秋の東京阪神 血統攻略塾
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬特集

秋の東京阪神 血統攻略塾

2022年09月30日(金)更新

昨年は9万馬券も!境和樹がコース別の特注血統を伝授!

ナカノ

今年も年イチの盛り上がりを見せるハイシーズン『秋の東京・阪神開催』がやってきました!

今年も、昨年同様京都競馬場の改修工事の影響で関西の主戦場は阪神コースです。

今回は、昨年に続いて『秋の東京・阪神 血統攻略塾』と題し、血統スナイパー・境和樹さんに、東京・阪神開催のコース別の特注血統について伺っていこうと思います!境さん、よろしくお願いします。

サカイ

はい、宜しくお願いします。

昨年もココで紹介した血統が穴を開けるシーンが目立っていたからね。読者の役に立てるように、今年もしっかり調べて来ましたよ。

ナカノ

それは心強いです!

私自身も秋の東京・阪神攻略に向けて、境さんに聞きたい事をいくつか用意してきました!本日は宜しくお願いします。

ナカノ

さあ、まずは天皇賞秋・ジャパンCといったビックレースが目白押しの東京開催から見て行きます!

今年は短期免許の外国人騎手が多く来日するようですし、例年以上の盛り上がりを見せる事になりそうですね!

サカイ

すでにGⅠ級の馬の乗り替わりが何頭か決まっているなんていう話も聞いているよ。

やはり外国人騎手が多いと、レベルの高い道中の駆け引きを見る事ができるからね。一人の競馬ファンとして、純粋に楽しみだね。

ナカノ

それでは、早速コース別の特注血統についてお話を頂こうと思います!

サカイ

まずは東京芝1600mかな。

ナカノさんは、この東京芝1600mと聞いてどういうイメージを持つ?

ナカノ

やはり直線での瞬発力勝負に強い馬が活躍するイメージですかね!ディープインパクトやロードカナロアの産駒に自分はいつも注目しています。

サカイ

そうなんだよね。一見すると、そういったキレ者が強いコースに思いがちなんだけど、血統傾向的にはその逆。持続力や小回りで強さを見せる種牡馬が好成績を残しているんだよね。

例えばダイワメジャー産駒。秋の東京開催の芝1600mでは【6-7-2-42/57】勝率10.5%、連対率22.8%、複勝率26.3%と確率こそ秀でた数字になっていないものの、回収率で見ると単勝が129%、複勝も113%と、買い続けるだけでプラスになる種牡馬なんだ。

ナカノ

確かにこれは意外な数字ですね。

ダイワメジャーと聞くと、ついつい中山マイルなんかをイメージしてしまいます。

サカイ

恐らくその世間とのギャップが、この回収率に繋がっているんじゃないかな。

もう一頭、このコースで穴馬の活躍が目立つのがディープブリランテ産駒。【4-3-5-35/47】で勝率8.5%、連対率14.9%、複勝率25.5%と、先ほどのダイワメジャー産駒同様アベレージはそこまででもないんだけど、単勝回収率が359%で、複勝も246%ととにかく穴が走りまくるんだよね。

基本的にダイワメジャーやディープブリランテといったキレないイメージのある種牡馬が過小評価されているタイミングを狙い撃つのが、秋の東京の攻略法と言えるんじゃないかな。富士Sを勝ったソングラインなんかも、キレよりも持続力で勝負するキズナ産駒だしね。

ナカノ

富士Sと言えば、昨年は重賞特捜班がその◎ソングラインから馬連3340円(3点目)、3連複2万4930円、3連単9万8750円を大的中! 昨秋イチのスマッシュヒットとなりました!

サカイ

(資料を確認しながら)◎ソングラインはもちろんだけど、9人気2着のサトノウィザードをしっかり本線で拾っているのか。これはお見事だね。

ナカノ

誰もが獲りたい重賞・GⅠにも強い競馬JAPAN。この秋も是非ともご注目頂ければと思います!

ナカノ

続いては、施行数の多い東京ダートの特注血統を伺っていきます。

まずは武蔵野S(GⅢ)が行われる東京ダ1600mをお願いします。

サカイ

このコースは常々話している通り、ヘニーヒューズ産駒がとにかく強いです。直近3年の秋の東京ダ1600mの成績を見ても【14-9-7-46/76】で勝率18.4%、連対率30.3%、複勝率39.5%で回収率ベースで見ても単複共に100%超え。これだけ強い強いと言われながら、依然回収率100%超えを維持している訳だからね。

当然見つけたら買いの種牡馬ではあるんだけど、この1強に待ったをかける新興勢力が頭角を現し始めているんだよね。

ナカノ

お、それは気になります!

サカイ

まずは昨年のこのコーナーでも紹介したダンカーク

【3-4-2-17/26】勝率11.5%、連対率26.9%、複勝率34.6%とアベレージも上々。更に回収率ベースで見ても単勝が160%、複勝も161%と好走率を考えれば極めて優秀な数字を残していると言っていいんじゃないかな。

この種牡馬は脚抜きの良い馬場を好む産駒を多く輩出するから、道悪が重なった際は絶好の狙い目になってきそうだね。

ナカノ

これは確かに凄い数字ですね。二頭目の新興勢力はどの種牡馬になってきますか?

サカイ

現役時代、この舞台でGⅠを制したエスポワールシチーだね。

直近3年で【4-0-3-11/18】で単勝回収率141%。何と言ってもこのコースにおけるエスポワールシチー産駒は、今年のユニコーンSを勝ったペイシャエス(9人気)を筆頭に、人気を問わずしっかりと勝ち切ってくるんだよね。その意味で、馬券的にはこのコースで最も注目すべき種牡馬と言えるんじゃないかな。

ナカノ

それは凄いですね....

見つけたら問答無用で買ってみます!

ナカノ

続いては、昨年に続いてのイレギュラー開催となる秋の阪神開催についてです。

境さん、昨年のこの開催を見て、何か印象的だった事はありますか?

サカイ

一つは長距離戦でスタミナ血統の活躍が非常に目立ったという点かな。

例えば菊花賞を勝ったタイトルホルダーも、母系は欧州のスタミナ色たっぷりの血統だし、その妹のメロディーレーンも阪神2400mの古都Sを勝利。この兄弟の勝った2レースが、昨秋の阪神開催の傾向を象徴する競馬だったんじゃないかな。

ナカノ

今、境さんに挙げて頂いた2頭は、いずれも競馬JAPAN俊英予想家の一人・大物生産者?氏の関係馬!

もちろん、プレミアム予想では共に的中馬券をお届けしてくれました!

サカイ

言われてみれば確かにそうだね。

今年も菊花賞に惑星候補のディナースタを送り込む●●さんの関係馬は、この秋の阪神開催でも注目する必要がありそうだね。

ナカノ

さあ、それでは特注種牡馬の話に戻りましょう。

サカイ

昨秋の阪神で非常に存在感を示していたのがドレフォン産駒。特に阪神ダ1800mで活躍は目覚ましい物があったね。

昨秋の阪神ダ1800mにおけるドレフォン産駒の成績は【4- 1- 1- 4/10】で驚異の勝率40%、連対率50%。僅か10頭のみの出走で4勝の固め打ちだからね。これは今年も見つけたら問答無用で買っておくべき種牡馬と言えるんじゃないかな。

ナカノ

これは凄い数字ですね。

全てが2歳世代による物ですので、今年の秋も特に新馬・未勝利戦にドレフォン産駒が出走してきた際は、特に積極的に狙っていきたいですね!

ナカノ

他に気になる種牡馬はいますでしょうか?

サカイ

これは季節問わずですが、阪神芝1600mのエピファネイアですね。

昨秋の阪神開催におけるエピファネイア産駒の成績は【2- 3- 2-10/17】勝率11.8%、連対率29.4%、複勝率41.2%で、回収率も単勝215%、複勝107%とさすがの数字だったよ。

ナカノ

確かに秋開催ではないですが、桜花賞をデアリングタクトで、阪神JFをサークルオブライフで制していますね。

サカイ

まあこれに関しては、開催問わずの傾向だからね。

昨秋の好走馬を見ても、勝ち切っているのは8人気と4人気の人気薄。それでいて複勝率も41.2%と、人気の有無問わず買える種牡馬と言えるんじゃないかな。穴馬でも臆さず狙っていくべきだと僕は思っているよ。

ナカノ

まさに見つけたら買い!の種牡馬ですね!