競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【81年】ジャパンCはココから始まった!第1回の紙面がコレ
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「けっ!どこが国際GⅠだ!」――。外国馬の参加はゼロで社台絡みの馬ばっかだっ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 今年これまでGⅠレースで2着4回、3着4回と常に好勝負を演じながら、なか...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬特集

【JC直前企画】清水成駿伝説のジャパンC

2019年11月20日(水)更新

【81年】ジャパンCはココから始まった!第1回の紙面がコレ


2016年8月にこの世を去った清水成駿。ファンの皆様から追悼メッセージをいただいた中で、「清水といえばジャパンC、ジャパンCといえば清水」というお声を本当に多数頂戴いたしました。

そこで、今年のジャパンC開催を目前に控えたこの季節に、清水成駿が「1馬」在籍時に綴ったジャパンCの予想を、当時の新聞のまま復刻公開!今もなお色褪せない“孤独の◎”の数々をどうぞご賞味ください。(協力:優馬)


第1回ジャパンC

(クリックして画像を拡大)
オールドファン垂涎の第1回紙面!
当時、清水の予想は予想印の最上段


【1981年:第1回ジャパンC】
◎◯▲が上位独占!
清水のジャパンCはココから始まった

「世界へ通用する馬作り」「海外馬と競う場を」をコンセプトに、1981年(昭和56年)に創設されたジャパンC。アメリカから3頭、カナダから3頭、インドから1頭の計7頭の外国馬が参戦した。(※トルコからの来日馬は故障)

招待馬の目玉とされたのはアメリカGIホースの⑪ザベリワン。だが、当時「海外遠征」が身近なものではなかった日本の競馬ファンにとって、長時間の輸送を経ての競馬や、海外馬特有の馬なりに終始する調教に、ファンやマスコミは大いに頭を悩ませたとか。

そんな不安材料とは裏腹に、レースでは外国馬が1~4着を独占。勝ち馬メアジードーツは従来のレコードタイムを更新し、日本でもっと期待を集めていた②ホウヨウボーイ(3人気)、⑮モンテプリンス(2人気)は掲示板をも外す6、7着。

秋の天皇賞でワンツーを決めていた2頭の完敗ということもあって、海外馬との差を大いに痛感させられる結果であった。


清水の予想を紐解いてみると、先見の明ありというべきか、日本馬はまるで軽視というスタンス。特に、招待馬の中でも最も調教内容が軽かったとされるメアジードーツにも厚い印を置いていますね。

結果としては◯▲◎の順で入線も、当時は単複馬券の他は枠連しか存在してなかった時代でもあり、買い目指南では◎-◯、◎-▲、◯-▲の3点を本線指定し的中。ココから、清水成駿のジャパンC・スーパーショットの歴史が始まりました。


なお、その他の馬に目を向けると、サクラシンゲキは当時快速スプリンターとして鳴らしたスピードホース。このレース披露した玉砕覚悟の逃げから「日の丸特攻隊」と称されました。

メジロファントムの鞍上欄の「横山」とは、今もなおトップジョッキーとして活躍する横山典弘騎手の父・横山富雄元騎手。この時代の名脇役として、そして東京競馬場の誘導馬としても愛されました。オールドファンの方にとってはたまらない紙面ですね。

また、インドから来日したオウンオピニオンは「インドのシンザン」という肩書きで、日本のメディアは紹介。蹄鉄を履いていない、額に宝石が埋め込まれていた、など破天荒なエピソードを残していったようです。(文:編集部・山本)


1981年11月22日(日)
第1回 ジャパンC(G1)

1着◯⑭メアジードーツ(5人気) 2:25.3[レコード]
2着▲①フロストキング(9人気) 1馬身
3着◎⑪ザベリワン(1人気) 1馬身1/2

単勝 ⑭ 1,120円
複勝
⑭ 330円
① 490円
⑪ 200円
枠連 1-8 2,890円
(※当時は馬連の発売がまだ行われておりませんでした)