協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 有馬記念では3着当ても、邪道ではない
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2013年12月17日(火)更新

有馬記念では3着当ても、邪道ではない

トップホースみんなが年末のグランプリに好状態で出走できるなどありえないから、今年はかなり寂しい組み合わせになってしまった。これは仕方がない。歴史の中では決して珍しいことではない。

「3冠馬オルフェーヴル(父ステイゴールド。母の父メジロマックイーン)対4歳ゴールドシップ(父ステイゴールド。母の父メジロマックイーン)の最初で最後の対決」

こんなキャッチだと、あまりに平凡でありふれてはいても 意外に多くのファンが納得して受け入れてくれそうそうだが、

「3冠馬オルフェーヴル(池江泰寿調教師。池添謙一騎手。馬主サンデーR)対4歳ゴールドシップ(須貝尚介調教師。ライアン.ムーア騎手。馬主小林英一)

最近はこういうトーンの紙面が多いから、著しく盛り上がらない。

たしかに、いろんなことがあったオルフェーヴルの物語はすでに語りつくされている。ゴールドシップの記事ももう丸2年も紙面をにぎわせたから、新しいことは何もない。

そこで、池江泰寿調教師や、池添謙一騎手の談話やエピソードが紹介され、次の日は須貝尚介調教師や、短期免許のライアン.ムーア騎手を中心にした紙面構成にならざるをえないのだが、これがやっぱり面白くないのである。

ライアン.ムーア騎手は世界のトップジョッキーであり、スター騎手ではあるが、彼がゴールドシップを語っても、ほとんど中身はない。当たり前である。レースに乗ったことがないのだから…。池江調教師、池添騎手、須貝調教師は、それは日本を代表するホースマンには違いないが、残念ながら、彼らはスターではない。一度読んだり、聞いたりすればもう十分である。オーナーの談話もさすがに2度も3度も見たり聞いたりしたいとは思わない。困った有馬記念なのである。

などとぼやきながらも、なんとか、これで引退するオルフェーヴルの引退レースを盛り上げなければならない。しかし、まだ4歳のゴールドシップはともかく、エイシンフラッシュもここが引退レースであり、トーセンジョーダンにしても、トゥザグローリーにしても、およそ新鮮な響きがないところが、苦しい組み合わせである。来期に向けた3歳馬も、タマモベストプレイ、ラブリーデイの2頭だけでは盛り上げようがない。

「競馬は勝ち馬を当てるもの」であり、「負ける馬を探してどうするのだ」といってしまえば身もふたもないが、高配当の三連単はそうでもない。最初から「3着馬」を探してもいいのである。とくに有馬記念では。

2011年に3着したトゥザグローリーは、9番人気。2010年にも3着に食い込んだトゥザグローリーは、14番人気だった。だいたい、母トゥザヴィクトリーからして大波乱になった2001年の有馬記念の3着馬(6番人気)だから、3連単名人にいわせると、有馬記念でトゥザグローリーの1~2着の可能性を考えたりすること自体が、最初から間違っているらしい。3着するかどうかが問題のトゥザグローリーは今年も出走する。

2009年の3着馬はエアシェイディ。11番人気。エアシェイディは2008年も3着している。10番人気だった。

2007年の3着馬は、6番人気のダイワメジャーであり、2006年の3着馬もやっぱりダイワメジャー(3番人気)である。

3連単が生まれてから3着馬に注目しているようでは、有馬記念に関しては素人。だれでも知っているナイスネイチャは、有馬記念を3年も連続して3着している。その人気は「2、4、10番人気」。3年目の1993年。ナイスネイチャを知っていながら、ない頭をひねりまわした挙句に、もう苦しいだろうと複勝を買えなかった人間は、ナイスネイチャを語る資格がないらしい。

有馬記念では、スピードシンボリが1969年、70年に2連勝したことは知られているが、1966年に3着し、68年にも3着したことは忘れられている。

1978年に9番人気で勝ったカネミノブは知られているが、そのカネミノブは、79年と80年には連続して3着に入っている。

オルフェーヴルも、ゴールドシップも、別に嫌いじゃない。でも、喜んで買いたくなるほど好きではないファンがいっぱいいる。ならば、3着馬を探したい。

 
プロフィール
柏木集保

早稲田大学政治経済学部卒業。1973年に日刊競馬新聞社に入社し、以後競馬予想を担当。U局の「中央競馬ワイド中継」の解説者としても人気を博す。血統、過去の走破タイム、ペース配分などから多角的にレースを推理し、出走馬の前評判にとらわれない独自の予想スタイルを貫いている。

柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line