協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. オールカマーは“ほぼ全頭”に圏内突入チャンス!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2017年09月23日(土)更新

オールカマーはほぼ全頭に圏内突入チャンス!


⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R  オールカマー(G2)

最上位評価は重賞3勝の○アルバート。もっとも、オープンでの当距離での実績は皆無であり、鉄板級とは言い難い。次位は▲の3頭。ステファノス、タンタアレグリアは仕上がり途上。それなら夏場を1度使われた▲デニムアンドルビーが有力か。ただし、★2頭もそれほど差はない。とりわけ、本格化の兆しがあるカフジプリンスに要警戒だ。


1716151413121110987654321










































































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R  神戸新聞杯(G2)

ダービー馬の○レイデオロが最上位評価。唯一、敗退した皐月賞とて直線だけの競馬に徹しての5着。まだ底を見せておらず、さばきやすい少頭数なら崩れるシーンは考えにくい。次位は▲のサトノアーサーとベストアプローチ。前者は崩れたのはダービーだけ、後者は青葉賞で好時計2着。ただし、★6頭も侮れない。


1413121110987654321

















































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line