協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 人気の盲点、天皇賞秋と密接にリンクするGI勝ち馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2017年10月28日(土)更新

人気の盲点、天皇賞秋と密接にリンクするGI勝ち馬

6歳になって本格化。「スローを追走の形から、後半300mくらいの切れ味発揮型」を脱皮し、素晴らしい内容で安田記念を制したサトノアラジンの評価を少々の雨なら下げたくない。身体全体の動きが柔らかくなると同時に、切れ味に持続力を増してパワーアップしている。

安田記念では、ハイペースを置かれることなく追走し、サトノアラジンの前半1000m通過は「58秒0」だった。先行勢に追いつくまでに脚を使ったあと、苦しくなった坂上からまた伸びて、それで1分31秒5だから以前とは明らかに違う。

マイル戦が合うことは確かだが、さまざまな距離に挑戦した同馬は、3000mの菊花賞でも直線入り口で大きな不利がありながら、最後まで伸びて上がり34秒9。走破タイムは3分01秒9。マイラーではムリな内容だった。古馬になってから2000mは1戦だけ。香港で凡走しているが、距離不安はまずないだろう。

安田記念と、1984年から2000mになった天皇賞(秋)の結びつきは予測されるより強く、安田記念馬として両レースに挑戦した馬は33年間に17頭いる。

うち半数近い8頭が「2つのG1」を勝っている。同じ東京の日本ダービーの2400mや、ジャパンC2400mより、はるかに安田記念と天皇賞(秋)の結びつきの方が強い。

大跳びで、脚長の体型から、滑る渋馬場は合わないだろうが、タフな重馬場がまったくダメとは限らない。全姉ラキシスが快勝した不良馬場の15年の大阪杯2000mは、2着のキズナまで同じ「ストームキャット牝馬に、ディープインパクト」の組み合わせだった。

ディープインパクト産駒は重馬場は合っていないが、それは切れ味の優秀性が削がれるという意味で、重馬場が下手というのと必ずしも同義ではない。

サトノアラジンの3代母ウォーターダンスは、重馬場巧者を輩出するニジンスキー。半兄にはパワーを誇り、ベルモントSなど米2冠馬のリトルカレント(父シーバード)がいる。

また、ウォーターダンス兄妹の母であるルイアナの半兄には、輸入されて成功した種牡馬シャトーゲイ(ケンタッキーダービーなど米2冠)がいた。シャトーゲイは渋馬場巧者を出す種牡馬として人気があった。

このシャトーゲイ、リトルカレント、サトノアラジンの母マジックストームの属するファミリーの代表馬の1頭は、サトノアラジンと近親にあたるほど近くはないが、重馬場の日本ダービーを圧勝し、日本馬としてアメリカで歴史的な1勝を挙げたのが「芝の重馬場」だったハクチカラ(1957年の秋の天皇賞馬)である。

プロフィール
柏木集保

早稲田大学政治経済学部卒業。1973年に日刊競馬新聞社に入社し、以後競馬予想を担当。U局の「中央競馬ワイド中継」の解説者としても人気を博す。血統、過去の走破タイム、ペース配分などから多角的にレースを推理し、出走馬の前評判にとらわれない独自の予想スタイルを貫いている。

柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line