協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 女王決定戦・今年も侮れないアノ馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2017年11月11日(土)更新

女王決定戦・今年も侮れないアノ馬

3歳以上になって過去21回、連勝馬が「3頭」もいて、その3頭を中心に、2年連続して連対した馬がなんと「10頭」もいる。

数少ない古馬牝馬のG1なので、ヴィクトリアマイルとともにリピーターが多いのは当然である。2200mは必ずしも一般的な距離ではないものの、京都のやや長めの中距離2200mなら、春に比べて体調も整えやすい時期でもあり、持てる能力を存分に発揮できる。

そういう文字通りの「チャンピオンシップ(選手権距離)」だから、とすることができる。

連勝した3頭はみんな大変な名馬であり、2年連続して連対した馬も、だいたいその世代のエース級に近い馬である。当たり前だが、伏兵の2年連続連対はここまでにない。

この秋、ここに目標を絞った昨年の勝ち馬クイーンズリング(父マンハッタンカフェ)に注目。

メンバーの揃った今年、あまり人気にならないが、京都では秋華賞がクビ差2着。3歳時の女王杯は8着だが、実は0秒3差。4歳の昨年は京都牝馬Sを勝ち、3番人気のエリザベス女王杯制覇。コースも、秋シーズンも合う。

ミルコから、クリスチャン・デムーロに乗り替わるが、いまの勢い、馬群に突っ込み、こじ開けるように抜け出してくる闘志あふれる騎乗は、少しもマイナスではない。やがては、日本に来たいだろうから、必死でアピールしたい。いまのC・デムーロは、ここ一番の接戦なら、ミルコに見劣るところはほとんどない。

彼の、現在の拠点フランス色のきわめて濃い牝系出身のクイーンズリング。母の父アナバー(父ダンチヒ)は日本ではあまり著名とも言えないが、クリスチャンはおそらく良く知っている。オルフェーヴルを5馬身もちぎるなど、凱旋門賞「1、1、3」着の仏の名牝トレヴの母の父が、アナバーだった。

さらにその少し前、仏から4年も連続して米BCマイルに挑戦、「1、1、1、3」着だった仏の驚異の牝馬ゴルディコヴァ【17ー6ー3ー1】は、その父がアナバーである。

クイーンズリングには、フランスの誇る歴史的名馬シーバード直系のベーリングの血も祖母の父に登場する。

この牝馬には女王杯を連続して快走するくらいは平気なタフなパワーが伝わっているはずである。

プロフィール
柏木集保

早稲田大学政治経済学部卒業。1973年に日刊競馬新聞社に入社し、以後競馬予想を担当。U局の「中央競馬ワイド中継」の解説者としても人気を博す。血統、過去の走破タイム、ペース配分などから多角的にレースを推理し、出走馬の前評判にとらわれない独自の予想スタイルを貫いている。

柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line