協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【チャンピオンズC】新興勢力ケイティとテイエムの先行力評価
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2017年12月02日(土)更新

【チャンピオンズC】新興勢力ケイティとテイエムの先行力評価


⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R  ラピスラズリS

当舞台の春のオーシャンSで2着した◎ナックビーナスが鉄板級。近走で崩れたのはGⅠとダート戦のみ。4戦すべて3着以内の当コースなら軸としてしかるべき。相手探しの1戦。次位は▲のサザナミ。鉄砲はOKであり、当舞台では安定して走っている。ただし、★のコスモドームとプレイズエターナルもそれほど差はない。


121110987654321
















































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R  逆瀬川ステークス

昇級後0.1秒差の競馬を続けている◎ハナズレジェンドが鉄板級。4勝中3勝が千八。追い込みやすい小頭数は追い風。軸を外す可能性は極めて低い。○は不在で次位は▲の3頭。やはり、休み明けの割引きが必要なのがポルトドートウィユ。それならツメは甘いが堅実のギモーヴ&サトノアリシアのほうが手堅かろう。


1110987654321








































































ST

※ST=スタンダードマーク


中京11R  チャンピオンズカップ

最上位評価の○は昨年の1、2着馬アウォーディーとサウンドトゥルー。それぞれ大きな能力減は認められず、今年も上位争い可能。次位は▲の3頭。実績だけならアポロケンタッキーが一番だが、ムラのある成績がネック。それなら新興勢力のケイティブレイブとテイエムジンソクの先行力を評価すべきか。ただし、続く★5頭の一発もあり得る。


16151413121110987654321




































































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line