協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【青葉賞】サドラーズウェルズ系に注目
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2018年04月27日(金)更新

【青葉賞】サドラーズウェルズ系に注目

動画でさらに学べる!
▼青葉賞の血統ポイント▼







【土曜・東京11R 青葉賞(GII)】
(芝2400m 15:45発走)




sakai


青葉賞は、サドラーズウェルズ系に注目したいレース。

sakai


もう少し遡ると、2008年の勝ち馬アドマイヤコマンドも、母父カーネギーでサドラーズウェルズ系保持馬に該当していました。

青葉賞は、これまでに後方から上がり最速の脚を使った経験のある馬が圧倒的に有利。これは、直線スピードを問うレースになりやすいという側面がある一方、「前半であまり位置を取れない鈍足タイプが強い」ということも示します。

青葉賞といえば、09年1着アプレザンレーヴ、15年1着レーヴミストラル、16年3着レーヴァテインと3頭が馬券になっている『レーヴドスカー』一族が好相性。そして、このレーヴドスカー一族は、ほとんどが前半で位置を取れないかわりに、末脚性能に秀でているのが特徴(10年阪神JF1着レーヴディソールもそんな馬でしたよね)。この特徴が青葉賞にピッタリ嵌るということです。

また、サドラーズウェルズ系以外にも、ミルリーフ、ブラッシンググルームやハイペリオンなど、スピード感のないスタミナ血統を内包している馬が好走しやすいのも、青葉賞の特徴。これも、やはりこのレースにおけるスタミナ、底力の重要性を指し示します。

血統的にはサドラーズウェルズを筆頭とした欧州血統を重視。馬キャラ的には、前半に位置を取れないものの、直線で確実に脚を使えるタイプを狙いたいレースです。

⑥ディープインラヴ
(母父ルーソヴァージュ)

⑪トラストケンシン
(母父エルコンドルパサー)

⑬ノストラダムス
(母母父エルコンドルパサー)

⑭テトラルキア
(母父モンジュー)

⑰モンテグロッソ
(母父シングスピール)

⑰モンテグロッソは、父母父、母父にサドラーズウェルズ系を持ち、母母父にはカーリアンというコテコテの欧州的底力血統で組成された馬。未勝利レベルの緩ラップでも前にいけないあたり、その血統が示す通りの鈍重スタミナタイプと考えていいでしょう。一線級相手の経験が不足していることは承知の上で、狙ってみたい青葉賞向きの馬です。

【出馬表・オッズはこちら】





プロフィール
境和樹

立教大学法学部卒。東スポや競馬最強の法則で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line