協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 招待ではない遠征の本気度に注目
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2018年06月23日(土)更新

招待ではない遠征の本気度に注目

土曜日の雨はかなり影響しても、レイニーシーズンを狙って遠征してきた香港のワーザー(父はモンジュー直仔のタヴィストック。祖母はジャパンCのジュピターアイランドの妹)にとって、願いの渋馬場にはならないかもしれない。

だが、この挑戦者、実は渋馬場の経験は少なく、時計のかかるレース限定でもない。ニュージーランドを出発に、オーストラリア、香港の芝1800~2500m通算【7ー6ー2ー0】。きわめてタフな中距離型で、めったに凡走しない。

今年は必ずしも順調ではないが、2走前の2000mはシャティンのコースレコード1分59秒97と、わずか0秒10差の2分00秒07。叩き台レースとして距離不足を承知で出走した前回の1600mも1分33秒8。

香港の芝も以前より時計が速くなっているとはいえ、マイルだと日本の高速レースより約1秒近く時計を要する(だから、日本に来て好走する馬はだいたい1秒前後短縮する)。ここ2戦は順調ではないとされるわりに、レースの中身は少しも悪くない。時計の速いレースに十分対応しているのである。

三木ホースランドパークから移動した翌日に追い切り、その直後の馬体重測定なので、発表された数字は454キロに減っているが、当日はかなり戻っているはずで(戻っていないと大きく減点だが)、460キロ台の後半なら体調不安はないだろう。

近いとはいえ、慣れない他国への遠征競馬は輸送だけではなく、検疫期間など大きな死角がある。宝塚記念は招待競走ではなく、香港で本格化してからは初の海外遠征に踏み切って挑戦してきた心意気(意欲)に注目したい。招待競走への遠征とは、陣営の展望は大きく異なる。

国際レーティング「119」が示すように、ワーザーは日本の中距離のエース級より、明らかに国際ランクは落ちるが、今回の日本のエース格(サトノダイヤモンド、キセキ、サトノクラウンなど)には、必ずしも現在、絶好の状態ともいい切れない死角があるから、つけ入る可能性十分としたい。

プロフィール
柏木集保

早稲田大学政治経済学部卒業。1973年に日刊競馬新聞社に入社し、以後競馬予想を担当。U局の「中央競馬ワイド中継」の解説者としても人気を博す。血統、過去の走破タイム、ペース配分などから多角的にレースを推理し、出走馬の前評判にとらわれない独自の予想スタイルを貫いている。

柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line