協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【CBC賞】実走距離とのズレに注目!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2018年06月29日(金)更新

【CBC賞】実走距離とのズレに注目!

▼動画で解説!▼
[CBC賞(GⅢ)攻略ポイント]







【中京11RCBC賞(GⅢ)】
(芝1200m 15:35発走)


sakai

CBC賞は、純粋なスプリンターよりも1400くらいに適性のある馬が走りやすいレース。

sakai


近年の好走馬に1400実績を持っていた馬が多いことに注目。逆に、1200専用の純正スプリンターは、良くて3着止まりというケースが目立ちます。

血統的には米国血統を持った馬が走りやすいレース。

sakai


ミスプロ系ならフォーティナイナーのラインやシーキングザゴールド(16年7人気2着ラヴァーズポイントの父マイネルラヴがこの系統)など。その他、ストームキャットやボールドルーラーなど、王道の米国血統を持った馬をマークする必要があるでしょう。

sakai


これまで6頭の産駒が出走して、2勝を挙げているディープ産駒も要警戒。

中京1200は、旧コース時代に「マイル崩れのサンデー産駒」が好走するケースが目立ちましたが、これを今の時代に当てはめれば、主役がディープ産駒になる可能性は高いでしょう。クラシックを狙いながら結果を出せず、距離を詰めてきたようなディープ産駒には注目です。

狙いは、「1400実績のある米国血統保持馬。ディープインパクト産駒も要警戒」とします。

今年の候補馬は……

①トーキングドラム
(阪急杯勝ち)

②トウショウピスト
(父ヨハネスブルグ)

⑧アレスバローズ
(父ディープインパクト)

⑫ダイメイフジ
(前走1400勝ち)

⑱アサクサゲンキ
(父ストーミーアトランティック)

穴の狙いは②トウショウピスト。父ヨハネスブルグがストームキャット系で、自身、1400でOP特別を勝っており今回も前走で1400を使っての臨戦。穴馬パターンを満たす存在です。母シーイズトウショウは中京芝1200で重賞を3勝したコース巧者。人気以上に加点材料が多い1頭でしょう。



【出馬表・オッズはこちら】


プロフィール
境和樹

立教大学法学部卒。東スポや競馬最強の法則で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line