協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【レパードS】強力2騎に迫る穴馬は……
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2018年08月03日(金)更新

【レパードS】強力2騎に迫る穴馬は……

▼動画で解説!▼
[レパードS(GⅢ)攻略ポイント]







【新潟11RレパードS(GⅢ)】
(ダ1800m 15:45発走)


sakai

1人気の成績【5-1-3-0】。とにかく人気馬が崩れないこのレース。さらに、

sakai


【5-2-2-13/22】勝率22.7%、連対率31.8%、複勝率40.9%と、前走でGⅠを使ってきた馬の成績がやたらと良い。地方交流戦とはいえ、世代のトップクラスが集まるレースを経験した馬が好走するという流れを見ても、本質的には地力勝負の舞台であるという認識は必要でしょう。

sakai


sakai


そんな中で、穴を拾う血統戦術を考えると、目に付くのはボールドルーラー系。単純なボールドルーラー系保持馬に関しては、昨年も指摘したとおり、「1800以上の距離で2勝以上」というファクターで絞込みをかけると、さらに狙い馬は抽出しやすくなります。

また、そのボールドルーラーを内包している馬、もう少し範囲を広げてボールドルーラー絡みの種牡馬にも注目が必要。総じてこの系統は肝になるケースが多いと考えられます。

さて、今年のメンバーを見渡してみると……

②アルクトス
(父アドマイヤオーラ)

④ドンフォルティス
(前走JDD組)

⑧プロスパラスデイズ
(母母父エーピーインディ)

⑭グレートタイム
(前走JDD組)

今年は上位2頭がかなり強力と見ています。⑭グレートタイムは、先週の新潟ダ1800でバイアスを発生させていたキングカメハメハ産駒。④ドンフォルティスは、過去にケイアイレオーネ(13年3着)、アジアエクスプレス(14年1着)と出走した2頭の産駒がともに馬券になっている父ヘニーヒューズ。血統的にも死角がないため、かなり厄介です。

ただ、その2頭に順当駆けされたとしても、まだ空席はひとつ余っています。その空席に入る可能性を秘めた馬として、②アルクトスを強調。

ボールドルーラー系サンデー・アグネスタキオンの後継種牡馬であるアドマイヤオーラを父に持ち、母父もやはりボールドルーラー内包種牡馬のシンボリクリスエス。理想を言えば、1800での勝ち鞍が欲しかったところですが、前走で古馬1000万クラスを突破しており、上位2頭に次ぐ存在としての期待くらいは持てると見ています。





【出馬表・オッズはこちら】


プロフィール
境和樹

立教大学法学部卒。東スポや競馬最強の法則で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line