協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【札幌2歳S】人気はないが、適性はピッタリ!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2018年08月31日(金)更新

【札幌2歳S】人気はないが、適性はピッタリ!

▼動画で解説!▼
[札幌2歳S(GⅢ)攻略ポイント]







【札幌11R札幌2歳S(GⅢ)】
(芝1800m 15:25発走)


sakai

札幌2歳Sは、鈍足血統に有利なレース。

sakai


サンデー系の中でも、あまりスピードや瞬発力がないタイプが頻繁に好走するのがこのレースの特徴。

sakai


サンデー系以外でも、欧州血統を持った馬が頻繁に好走しています。

札幌2歳Sは、特に後半5F程度のアップダウンが少なく、いわゆる平坦性の強いラップになりやすいレース。

つまり、一定のスピードを持続する力が必要になります。加えて、舞台は洋芝のコーナー4つ。

一瞬の切れや軽いスピードは必要なくなり、結果として鈍足性の強い馬の方がパフォーマンスを上げやすくなるわけです。

つまり、血統的にはマイナー血統やスタミナ寄りのタイプを探すと穴馬が見つかりやすいということになります。

今年の候補馬は以下の通り

②エメラルファイト
(母父スペシャルウィーク)

③ニシノデイジー
(父ハービンジャー)

④ラバストーン
(父ナカヤマフェスタ)

⑦ナンヨーイザヨイ
(母父スペシャルウィーク)

⑫トーセンギムレット
(父ディープブリランテ)

⑭ナイママ
(父ダノンバラード)

③ニシノデイジーは欧州血統のハービンジャー産駒。

未勝利戦を勝ち上がったばかりながら、その未勝利戦が4角で外に膨れるコースロスがありながら力で捻じ伏せる一枚上の内容でした。

しかも、その後半5Fが11.9-12.0-12.1-12.2-12.1と、アップダウンが少ない平坦ラップだったところがポイント。これは、極端な上がり勝負にならない札幌2歳S向きのラップであり、それを勝ち切っている点は高く評価できます。





【出馬表・オッズはこちら】


プロフィール
境和樹

立教大学法学部卒。東スポや競馬最強の法則で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line