協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 勝っても菊花賞には向かわないセントライト記念
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2018年09月16日(日)更新

勝っても菊花賞には向かわないセントライト記念

菊花賞はもう良く知られように「関西馬」の独占状態。目下、関西所属馬の「16連勝」中であり、もう「13年連続」して関西馬=関西馬のワン・ツーがつづいている。

関西も、関東もないではないか、といえばその通りだが、実はこれこそ「真実のレベル差」をストレートに物語る一番の数字ではないのか、という面がある。

今週は凱旋門賞の前哨戦が行なわれるが、本番の凱旋門賞で日本馬はもう半世紀も前から挑戦しているが、あとちょっとで勝てない。

ゴール寸前で脚いろが鈍り交わされる形がつづいている。鍛え方の差、底力の違いをいわれるが、いわゆる強さの尺度を「スピード能力」に求め過ぎたからではないか、と考えることはできる。菊花賞や、天皇賞(春)のシーズンになると長距離戦不用論や、もっと距離短縮方向に向かおうではないか、の声が出てくる。それには世界的な傾向ではないか、の理由が重なるが、その世界的な傾向というのは、「いかに巧みに商業ベースに乗るか」と、ほぼ同義である。2歳戦が早くなり、次つぎに回転が速まることが、より優れた高い能力のある馬を求める方向とは微妙に異なっているのと同じである。

サラブレッドは、その心肺機能や筋肉構成から、本質は「マイラーなのだ」とされるが、サラブレッドの歴史300余年。少なくとも最初はそうではなかった。レースが各国で発展するとともに、早めに世代が回転し、より効率良く進むように(生産の宿命)、徐々にそういうふうに変えてきたのは、実はわたしたち人間 であることに気がつかなければならない。

戻って、菊花賞の関西馬を例に挙げたが、長距離戦不用論を唱えるのは、総じて劣勢に置かれた側の人間の願望(もっと短い距離なら差はないはずだ)に近いところがあり、サラブレッドがそう望んでいるわけではない。

 勝っても菊花賞には向かわないような気がするところが、セントライト記念とするとちょっと切ないが、ここは断然人気でもレイエンダ(父キングカメハメハ)。前回の楽勝は最後の2ハロン推定「11秒2ー11秒1」。まだ余力残しの状態で、余力十分の完勝だった。馬場も回復してくれる。



プロフィール
柏木集保

早稲田大学政治経済学部卒業。1973年に日刊競馬新聞社に入社し、以後競馬予想を担当。U局の「中央競馬ワイド中継」の解説者としても人気を博す。血統、過去の走破タイム、ペース配分などから多角的にレースを推理し、出走馬の前評判にとらわれない独自の予想スタイルを貫いている。

柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line