協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【大阪スポーツ杯】最上位は2連勝中○コパノキッキング
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2018年09月21日(金)更新

【大阪スポーツ杯】最上位は2連勝中○コパノキッキング


⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R セプテンバーS

能力差を平板化するハンデ戦。さらにはフルゲート16頭。設定は低い。最上位評価は○のアッラサルーテとワンアフター。ともに当舞台を得意としており、安定したレースぶりから再度争覇圏内。次位は▲の3頭。それぞれ当舞台の現級で好走歴があり、○▲はそれほど差はない。一発なら☆の4頭。この中では追い切りで好時計をマークしたモズスーパーフレア。


16151413121110987654321
































































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R 大阪スポーツ杯

これまで4戦4連対の○コパノキッキングが最上位評価。唯一の敗退はが千四だが、当時先着を許したグリムはその後重賞勝ち。相手が強すぎたか。テンのスピードは断然だけに他馬に絡まれる可能性は低いだけに逃げ切りが有望だ。次位は▲の4頭。この中では当舞台のオープンで僅差4着のあるヤマニンアンプリメが有力か。


121110987654321




















































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line