協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 10/13・14開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2018年10月18日(木)更新

【次走注目】今週は6頭をピックアップ!

東京

土曜

8R 3歳上1000万下(ダート2100m)
次走注目:タガノボンバー
(1人気2着)
結果的には1番人気を裏切る結果になったが、道中、内で窮屈な競馬を強いられたのは痛かった。最後は地力で脚を伸ばして2着は確保。初の左回り、長距離輸送など決して楽観できる状況ではなかったことに加え、何より、【成駿本紙】のプレミアムAランク推奨馬ニーマルサンデーが勝負掛かりの一戦。相手が悪すぎたという面もあった。この競馬は良い経験になること間違いなし。次走でキッチリ結果を出すことになりそうだ。



日曜

5R 3歳上500万下(ダート1300m)
次走注目:アーバンイェーガー
(1人気1着)
1.17.2秒の勝ち時計自体がかなり速く、また、ラスト3F12.1-11.4-12.0秒を番手からズバ抜けた上がり最速を使っての大楽勝。後続が7馬身離れるのも当然というもので、一言、ここでは力が違ったという勝ちっぷり。課題のゲートが決まったことも大きかったが、馬自体がかなり良くなっているという面も見逃せない。過去には1000万クラスで3着が2度ある馬で、昇級も形だけ。次開催3日目(11/10)の最終レースに同舞台の番組が組まれており、そこに使ってくるようなら連勝可能。

京都

土曜

5R 2歳新馬(芝1600m)
次走注目:スパンキーワールド
(4人気9着)
馬体や血統面から、時計がかかる芝が合うパワータイプ。それだけに、今回は時計が速かった印象。鞍上の藤岡康騎手も「芝のペースに戸惑った」とレースにコメントしていたように、現状はダートが良さそうな印象。時計が速い馬場なら対応が厳しいこともあり、馬券の取捨選択のためにも覚えておきたい1頭。



日曜

8R 3歳上1000万下(ダート1800m)
次走注目:レントラー
(7人気4着)
速い脚はなく持続型のスタミナタイプ。芝では善戦止まりで決め手不足。それゆえに、ダート転向は遅れた形。7ヶ月の長期休みを経て、中1週で出走したが、精神面の成長も伺え、ダートに対する適性もはっきりしていた。この2戦善戦していることもあり、配当妙味は下がってしまうが、大きく裏切ることはなさそう。直線の不利さえなければ3着はあっただけに、次走大幅な条件替わりでなければ軸としての信頼は高い。

新潟

土曜

5R 2歳未勝利(芝1400m)
次走注目:サルトアトランテ
(2人気6着)
直線で何度も詰まって脚を余す敗戦。鞍上によれば馬込みで戸惑った面があったようだが、それを考慮してももう少し上手く乗れていれば結果は違っていただろう。芝でも未勝利くらいはすぐに勝てそうな馬だが、父ゴールドアリュール、母サダムグランジュテという血統背景を考えれば、やはり適条件はダート戦ではないか。連敗で次辺りダート戦も視野に入れてくるようなら、初勝利の瞬間は近づくはず。



日曜

5R 2歳新馬(芝1400m)
次走注目:プライドランド
(1人気2着)
直線で鞍上が進路選択をミスしてしまい、進路を切り替えるロスが痛恨。まともなら勝ち切っていたであろう脚勢だっただけに、本当に勿体無い競馬に終わってしまった。まだフラフラ走っていたように若さが残る現状ではあるが、いかにも走ってきそうな雰囲気を持っている馬で、初勝利のみならず、2勝目もそう遠くないだろうと思わせる。次走はもちろん、その先も含めて注目しておきたい1頭。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line