協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【JBCクラシック】ヒントはどこにある?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2018年11月03日(土)更新

【JBCクラシック】ヒントはどこにある?

▼動画で解説!▼
[JBCクラシック攻略ポイント]







【京都11RJBCクラシック】
(ダ1900m 15:40発走)


今年は京都競馬場で行われるJBCシリーズ。ここでは、メインレースに組まれている“クラシック”を取り上げます。

今年のJBCクラシックが行われる京都ダ1900は、春に組まれている平安Sと同じ舞台。GⅢとJpnⅠということで格は違いますが、他にサンプルがない以上、傾向分析としては、平安Sをベースに考えるのが妥当だと考えています。

その平安Sといえば、シンボリクリスエスの超好相性が証明されているレース。

sakai


かつて東海Sとして行われていた時代も含め、この平安Sに出走したシンボリクリスエス保持馬は全部で6頭しかいません。そのうち、5頭が馬券になるという驚異的な成績。今年は、初めて登場した「母父」シンボリクリスエスのクイーンマンボまで馬券になりました。

6人気以下の人気薄多数。さらに、全て違う馬で成績を出しているということ。いずれも、本質的な血統適性を認めるに十分な材料が揃っています。

「平安Sのシンボリクリスエス産駒は、見つけたら即買い」

なのです。

次に、京都ダ1900の基本的な注目血統を見てみましょう。

sakai


他にも、若干特定の馬に成績が偏り過ぎも、キンシャサノキセキは【2-1-2-2/7】で複勝率71.4%。前開催は振るいませんでしたが、ゼンノロブロイ産駒も【3-1-1-9/14】で勝率21.4%。単勝回収率250%をマークして、そこそこの適性は証明しています。

以上の観点から、血統的に注目できる候補馬は以下の通りとなります。

①センチュリオン
(父キングカメハメハ)

④サンライズソア
(父シンボリクリスエス)

⑮テーオーエナジー
(父カネヒキリ)

平安Sで驚異的な活躍を見せるシンボリクリスエス産駒を見逃すわけにはいきません。◎は④サンライズソア

実際にこの舞台で重賞勝ちの実績は、何よりも大きな武器。関東圏に輸送するとポカがある馬ですが、関西圏ならその不安もありません。ルメール騎手も2度目の手綱、馬にとっても適条件なら前走以上の結果を出してくれるのではないでしょうか。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line