協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【阪神JF】末脚上級の○シェーンと○ダノン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2018年12月08日(土)更新

【阪神JF】末脚上級の○シェーンと○ダノン

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R  カペラステークス(G3)

◎○不在の混戦模様。設定は限りなく低い。最上位評価は▲のオールドベイリー。中1週だった2走前をのぞけば4連勝。底を見せておらず、好位差しの脚質から崩れるシーンは考えにくい。次位は★の7頭。内めの枠が多く、不確定要素が多い面々。この中では当舞台で4勝を挙げているハットラブが重賞初挑戦でも不気味だ。


16151413121110987654321


























































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R  阪神ジュベナイルF(G1)

アルテミスS、ファンタジーSの覇者、○シェーングランツと○ダノンファンタジーが最上位評価。それぞれ底を見せておらず、末脚は上級クラスのもの。GⅠでも好勝負可能。次位は▲のクロノジェネシスとビーチサンバ。それぞれ○にそん色ない瞬発力の持ち主。基本的にはこれら4頭の首位争い。新馬圧勝の★2頭にも警戒が必要。


181716151413121110987654321
















































































































ST

※ST=スタンダードマーク


中京11R  名古屋日刊スポーツ杯

最上位評価は近2走2着続きの○プラチナヴォイス。同世代限定とはいえGⅡ3着のある実績の持ち主。当距離での連対歴はないが、セントライト記念5着の実績から極端な戦力ダウンはないはず。次位は夏の当該条件で○に先着した▲レイリオン。名うてのコース巧者である。一発なら★の3頭。この中ではアドヴェントスの決め手が一番か。


121110987654321

















































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line