協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 12/16山田乗男の2歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2018年12月16日(日)更新

【朝日杯FS】未知の魅力を感じるあの馬に期待

【阪神11R 朝日杯FS】
(芝1600m 15:40発走)


◎⑤マイネルサーパス

○②グランアレグリア
▲⑥アドマイヤマーズ
△①クリノガウディー
△⑮エメラルファイト
△③アスターペガサス


 

【出馬表・オッズはこちら】


驚異的な新馬戦の勝ち時計、そこで破ったダノンファンタジーが後に3連勝でGⅠも勝利。さらに前走も叩き台仕様で重賞楽勝と、グランアレグリアの力は抜けているのかもしれない。ただ気性的に長距離輸送が怖いところへ、単勝1・4倍(前日午後15時現在)は、さすがに人気になりすぎ。当然ながら他馬のオッズが美味しい状況になっており、思い切ってグランアレグリアは対抗に落とす。

そこで本命は未知の魅力を感じるマイネルサーパスで行く。新馬戦は先頭に立とうとしたところで外に寄れて勝利を逃し、初勝利の3戦目もフラついて騎手が騎乗停止を喰らう始末。先頭に立つと大きく寄れる悪癖を抑えるため、前走の500万きんもくせい賞は、早くに抜け出さないよう、ゴール前で測ったように差す競馬を試みる。そのために序盤は後方につけ、3コーナー過ぎから大外をまわって進出。それでも力が違いすぎるのか、残り100mあたりで早くも先頭に立つ勢い。このまま行くと失敗の繰り返しになるので、あえて手綱を一瞬抑えダノンチェイサーを交わさず、ゴール寸前に再度追ってキッチリ差し切った。勝ち時計は、従来のレコードを2秒も縮める好時計。こんな窮屈な競馬を強いられてレコード勝ち、しかも全力でないのだから、能力の天井はまだまだ上の可能性もある。

相手は強化されたが、おかげで早めに先頭に立たされることもなく、目標(グランアレグリア、アドマイヤマーズ)もはっきりしているので競馬もしやすい。難しい馬を、前走のテン乗り一発で決めた丹内騎手。ここで初GⅠ勝ちを決めてもらいたい。


馬連
2-5(50%)
5-6(20%)
1-5(10%)
5-15(10%)
3-5(10%)


3連単
[1着]5
[2着]2,6,1,15,3
[3着]2,6,1,15,3
(フォーメーション 20点)

[1着]2,6,1,15,3
[2着]5
[3着]2,6,1,15,3
(フォーメーション 20点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line