協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【東西金杯】今年も東西共に波乱必至
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2019年01月04日(金)更新

【東西金杯】今年も東西共に波乱必至

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R  中山金杯(GⅢ)

能力差を平板化するハンデ戦のうえ、◎○不在の混戦。設定は低い。一応の最上位評価は▲の5頭。昨年2着のウインブライトは斤量2キロ増だけに過信禁物。近走ひと息も当舞台でGⅠ勝ちのあるタイムフライヤーの一変に要警戒だ。同3着のステイフーリッシュも上位争い可能。ただし、☆△の食い込みも当然あり得る。


16151413121110987654321










































































































ST

※ST=スタンダードマーク


京都11R  京都金杯(GⅢ)

能力差を平板化するハンデ戦。設定は低い。一応の最上位評価はマイルCSで僅差4着とした○カツジ。外めの枠だったことを踏まえれば中身の濃さは勝ち馬以上。再度、56キロ。軸とするならこの馬だろう。次位は▲のグァンチャーレとパクスアメリカーナ。前者は近走充実、後者は休み明けの前走が圧勝と底を見せていない。


1716151413121110987654321








































































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line