協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 1/12山田乗男の3歳戦青田買い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2019年01月11日(金)更新

【フェアリーS】超良血。中山も向く血統

【中山11R フェアリーS】
(芝1600m 15:35発走)


◎⑪アクアミラビリス

○①フィリアプーラ
▲⑥レーヴドカナロア
△⑧ホウオウカトリーヌ
△②アゴベイ
△③エフティイーリス

 

【出馬表・オッズはこちら】


コントラチェック、タニノミッション、ルガールカルムといった有力馬が抽選漏れしてしまい、少々寂しい顔ぶれのフェアリーS。この相手なら、アクアミラビリスは最低でも連対は確保できそうだ。

お見事だったのが東京の新馬戦。スタートは速くなかったが、鞍上が押して番手を上げると、折り合いを欠くこともなく楽に2番手追走。直線に入ると持ったまま逃げ馬を交わして先頭に立ち、残り1Fで僅かに気合をつけると、以降は再度持ったままでの大楽勝。最後の2F10秒6-11秒1も優秀で、かなりの能力を感じさせるレースだった。半姉は秋華賞を勝ち、有馬記念2着もあるクイーンズリング。その姉はデビューから2連勝した中山のレースがベラボウに強く、早くもGⅠ候補に名乗り上げていた。妹のアクアミラビリスも、姉の中山適性と、父ヴィクトワールピサから、中山へのコース変りはむしろプラスになる可能性はある。2連勝を決めて、一歩ずつ姉に近づきたい。

相手は難しいが、◎が人気馬だけに何とか絞りたい。まずはフィリアプーラ。新馬戦は一番強い競馬を見せたが、勝ち馬とは時計差無しの3着。その鬱憤を晴らした前走は展開に恵まれた面もあったが、直線で一頭だけ段違いの脚を見せて豪快な差し切り。時計も速かった。同じ中山マイルで再度チャンスだ。

GⅠ馬レーヴディソールなど兄姉に重賞ウイナーが3頭いるレーヴドカナロアは、血統的にもまだまだ上積みが見込める馬。初戦の内容から前走の敗戦は能力ではなく、1400mの距離が合わなかった。マイルでも短いような気はするが、それでも1F延長はこの馬にとって大きい。

逆に距離延長が微妙な感じもあるホウオウカトリーヌだが、2戦前の内容から何とか大丈夫か。楽勝した未勝利戦や前走の内容から、今年のフェアリーSレベルなら上位進出は可能。強力な先行馬が不在なので、展開の利を生かしたい。


馬連
1-11(40%)
6-11(20%)
8-11(20%)
2-11(10%)
3-11(10%)


3連単
[1着]11
[2着]1,6,8,2,3
[3着]1,6,8,2,3
(フォーメーション 20点)

3連単
[1着]1,6,8,2,3
[2着]11
[3着]1,6,8,2,3
(フォーメーション 20点)


山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line