協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【弥生賞】5月のダービーに向けても重要な戦い
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年03月02日(土)更新

【弥生賞】5月のダービーに向けても重要な戦い

春の牡馬クラシック挑戦のスケジュールは変化し、近年は出走レースを絞る形が連続している。厳しいレースを続けると、大目標の日本ダービーまでに活力を失いかねないからだろう。最近10年のダービー馬の3歳春の日程は、


 09ロジユニヴァ ……………弥生①…皐月⑭
 10エイシンフラ 京成①………………皐月③
 11オルフェーヴ …②…③…スS①…皐月①
 12ディープブリ 共同②……スS②…皐月③
 13キズナ    ………弥生⑤毎日①京新①
 14ワンアンドオ ……………弥生②…皐月④
 15ドゥラメンテ 共同②………………皐月①
 16マカヒキ   若駒①……弥生①…皐月②
 17レイデオロ  ………………………皐月⑤
 18ワグネリアン ……………弥生②…皐月⑦


最近10年のダービー馬は、13年キズナ以外の9頭まで皐月賞出走馬である。これは体系から当然であり、ほとんどの有力馬が最初は皐月賞を目指す。


では、皐月賞のほかにダービー馬は3歳になってどんな競走に出走していたのか。近年の皐月賞馬4頭が出走していたスプリングSでも、同じく皐月賞馬4頭が出走していた共同通信杯でもなかった。


上の10頭の日本ダービーの成績が示すように、実は今週の「弥生賞」なのである。昨年の「ワグネリアン、マカヒキ、ワンアンドオンリー、キズナ、10年前のロジユニヴァース」までの5頭がこのレースに出走している。変則日程のキズナも弥生賞組だった。スプリングSに出走していたダービ馬はオルフェーヴル、ディープブリランテの2頭。共同通信杯に出走していたのもディープブリランテ(スプリングSにも出走)と、ドゥラメンテの2頭だけだった。


わずか最近10年のこと。データにもパターンにもならないが、桜花賞前のチューリップ賞と同じで、「皐月賞→日本ダービー」に連続して出走し、ダービー馬となるステップには、弥生賞2000mの位置が理想に近いからだろう。全体レベルも高いことが多い。ワンアンドオンリー、ワグネリアンは弥生賞も皐月賞も両方負けた。でも大目標だった頂点の日本ダービーを手にしている。


近年の弥生賞検討は、もちろん勝ち馬を探し、馬券を的中させ、皐月賞に結び着けることだが、もっと重要なのは5月末のダービーを展望することだった。


まだ2戦だけのラストドラフトは、弥生賞に出走し、皐月賞で強敵相手と戦うとき、ダービー馬に合格可能なキャリア4戦に達する。この相手なら楽に好位追走可能だろう。やや非力に映る身体つきだが、父ノヴェリスト(その父モンズーン)は欧州の芝稍重〜重で5戦5勝の星がある。


柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line