協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【弥生賞】求められる実績+α
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年03月02日(土)更新

【弥生賞】求められる実績+α

▼動画で解説!▼
[弥生賞攻略ポイント]







【中山11R弥生賞】
(芝2000m 15:45発走)


sakai

弥生賞は、「実績重視」のトライアル。

sakai


基本的には実績馬しか来ないのが、弥生賞というレースの大きな特徴。

・2勝以上
・重賞3着以内


このファクターを満たしていない馬は、かなり苦戦を強いられると考えておいた方がいいでしょう。

過去5年の3着内馬は、全て「2勝以上または重賞3着以内」というファクターを満たした馬。過去10年まで対象を広げても、例外が2頭しか現れないという、ほとんど必須の要素と言えます。

sakai


このように、人気薄で馬券になった馬を見てみても、実績を振り返れば重賞好走実績や2勝以上の勝ち鞍があった馬ばかり。

これまで全く結果を出せていない馬や、ポテンシャルはあれど経験値が低い、いわゆる“素質馬”の類が突発的にパフォーマンスを上げて馬券圏内に絡む可能性は極めて低い。配当妙味を追い駆けるとすれば、実績はあるのに不当に人気が落ちている馬を捕まえるしかないということです。

一方、レースの質自体は、マイラー的なスピードと瞬発力が求められやすいのが特に最近の特徴。

sakai


世代トップを決める朝日杯FSは別格としても、マイル重賞や近走マイル戦好走馬が頻繁に好走。滅多に来ない人気薄もこの要素で拾えることが多く、レースそのものの本質を表していると考えられます。

sakai


血統的に見ても、短距離色の強い血統を持った馬が目に付きます。上記例に挙げなかったところでも、16年2人気1着マカヒキは母がウィキウィキで姉にウリウリ。15年2人気1着サトノクラウンも、欧州マイルGⅠ勝ち馬マルジュの仔でした。

実績+スプリント~マイル要素。これが弥生賞を読み解く上で大事なポイント。

今年の候補馬は……

①ラストドラフト
(母マルセリーナ)

④サトノラディウス
(母父デインヒルダンサー)

⑨ナイママ
(1600以下経験)

④サトノラディウスは、2400の特別戦で2勝目を挙げた馬。実績面のテーマは満たすものの、マイラー的要素という点で疑問を感じてしまう馬。しかし、母父デインヒルダンサーは、現役時代に欧州で1200~1400のGⅠを制した短距離色の強い馬で、“スピード血統持ち”というテーマは満たします。人気の盲点になるようなら狙い頃でしょう。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line