協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 2歳戦THE青田買い
  4. 山田乗男の3歳戦青田刈り
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

2歳戦THE青田買い

2014年02月23日(日)更新

共同通信杯(GⅢ) 予想公開


【東京11R 共同通信杯(GⅢ)】
(芝1800m 15:45発走)


◎⑫マイネルフロスト
○⑦イスラボニータ
▲⑭ガリバルディ
△⑪ピオネロ
△⑥ショウナンワダチ
△②ベルキャニオン
△⑤サトノアラジン



ディープインパクト産駒の評判期待馬が多数出走してきた。内回りに苦しんできた馬も多く、外回りの今回どれだけ弾けるか楽しみだ。
しかし共同通信杯は、ディープ産駒の苦戦が目立つレース。3年前は1番人気のダノンバラードが大敗し、2年前はディープブリランテ、スピルバーグがゴールドシップに完敗。昨年も1番人気のラウンドワールドが馬券圏内に入れなかった。


今の東京も、スローの多い3歳戦は外差し系の馬が苦戦をしており、エンジンのかかりが遅いディープ産駒は不安である。 そこで馬券で狙う馬は、これらとは逆に前で競馬ができ、早い上がりを使える馬。これにピッタリなのがマイネルフロストだ。
デビュー戦は今回と同じ東京芝1800m戦。好位から33秒4の脚で後続を引き離し、評判のウインマーレライを寄せ付けなかった。新馬の中身だけ比べれば、同じ開催でデビューしたイスラボニータ以上の雰囲気があった。
その後はオープン特別を勝ったものの、最近は低調。しかし小回りに重い馬場と、この馬には合わないレースばかり。それでも前走はパワーの要る馬場で先行し、前崩れの中唯一抵抗を見せて7着。着順だけ見ると平凡だが、サトノアラジンとはコンマ1秒差なのだから悪くない。待望の東京で良馬場、先行馬が少ない顔ぶれで、久々にこの馬の真の姿が見られそうだ。


相手はやはりイスラボニータ。このレースと同じコースの東スポ杯でレコード勝ちしたことは大きく、ここも大崩れは無かろう。
ディープ産駒の中では、一番瞬発力がありそうなガリバルディが一番。前走の敗戦は内回りに尽きる。



馬連
7-12(40%)
12-14(20%)
2-12 5-12 6-12 11-12(各10%)

3連単
[軸]12
[相手]2.5.6.7.11.14
(1着固定流し42点)

[軸]12
[相手]2.5.6.7.11.14
(2着固定流し42点)

プロフィール
山田乗男

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

山田乗男

YAMADA NORIO

某著名雑誌で長年POGコーナーを担当する2(3)歳馬情報のスペシャリストが、1日で最も信頼できるとっておきの新馬情報を大暴露!!時には危なすぎる情報も!?

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line