協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【大阪杯】最上位評価は○ブラストとペルシアン
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2019年03月30日(土)更新

【大阪杯】最上位評価は○ブラストとペルシアン

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


中山11R  船橋ステークス

当舞台の前走で2着した○イサチルホープが最上位評価。これで中山は2戦して2着2回。3走前以外は近走安定して走っており、2キロ増とはいえ、背負い慣れた斤量なら軸は不動。次位は▲の3頭。ダイトウキョウ、レーヴムーンはコース実績は十分だが、初の千二が吉と出れば、底を見せていないフレッチアがあっさり勝っても驚けない。


1413121110987654321






















































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R  大阪杯(GⅠ)

どんぐりの背比べといった様相のGⅠ。一応の最上位評価は○のブラストワンピースとペルシアンナイト。前者は4歳でGⅠをV。阪神、あるいは二千で勝ち鞍があり、最も手堅い1頭。後者は成績が安定しないが、叩き2戦目は走り頃。昨年の2着馬。今年も馬券圏内突入の可能性は決して低くない。次位は▲のキセキとサングレーザー。


1413121110987654321

















































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line