協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【マーメイドS】先週に引き続き今週も……
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年06月07日(金)更新

【マーメイドS】先週に引き続き今週も……

▼動画で解説!▼
[マーメイドS攻略ポイント]







【阪神11RマーメイドS】
(芝2000m 15:35発走)


sakai

先週の鳴尾記念と同じ阪神芝2000で行われるこのレース。やはり、血統的にも同じく「母系米国血統」に注目。

sakai


先週行われた鳴尾記念。惜しくも該当馬が馬券になりませんでしたが、痛恨の出遅れがありながら小差4着まで迫ったギベオンが母父ゴーストザッパーでした。

sakai


先週も指摘したとおり、同じ阪神芝2000で行われる大阪杯も、やはり母系米国血統の重要性が高いレース。今年もボールドルーラー系を母父に持ったアルアインが人気薄で制しています。

sakai


そして、マーメイドS。かつては長距離向きのスタミナ血統が幅を利かせていたレースですが、最近は他の同舞台のレースと同じく、母系米国血統の支配力が高まっています。
それを如実に表したのが昨年の結果。ヴァイスリージェント系(非・フレンチデピュティ系というところがポイント)、ストームキャット系、ボールドルーラー系と、米国血統の主力を母系に持った馬が上位を独占したわけです。

sakai


その昨年の結果も含めて、最近のマーメイドSは母系に米国血統を持った馬が走りやすくなっています。
17年2着クインズミラーグロの母父インエクセスは、米国GⅠ4勝の実績を持っていた馬。16年2着ヒルノマテーラの母父コンサーンは、ブリーダーズCクラシックをはじめ米国GⅠを2勝した馬です。

マーメイドSも「母系米国血統」に注目。今年の該当馬は……

③サラス
(母父タピット)

⑤ランドネ
(母父エーピーインディ)

⑫フローレスマジック
(母父ストームキャット)

⑮スカーレットカラー
(母父ウォーエンブレム)

③サラスは、母父にボールドルーラー系タピットを持ち血統テーマをクリアする存在。

下級条件ながら3戦して3度ども馬券圏内に入っている阪神コース替わりは歓迎材料。当時、重馬場でも走れており、今週の雨の影響も含めて時計が掛かるパワー型の馬場は大歓迎だと思います。51キロを活かした差し込みを狙っておきます。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line