協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【エプソムC】今の東京にもベストマッチ!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年06月08日(土)更新

【エプソムC】今の東京にもベストマッチ!

▼動画で解説!▼
[エプソムC攻略ポイント]







【東京11RエプソムC】
(芝1800m 15:45発走)


sakai

エプソムCといえば、ダンチヒ系が最重要血統。

sakai


昨年も母父ダンチヒ系のサトノアーサーが勝利。母系に内包している馬も含めて、特に近年、好走期待値が高まっています。

エプソムCは、4F以上の持続力が問われやすいレース。

sakai


ダンチヒ系の持ち味といえば、何と言ってもスピードの持続性。その個性が、持続力が求められるこのレースで如何なく発揮されるという構図が生まれます。

また、そのダンチヒ系は、この春、東京開催の芝重賞でも大活躍。

sakai


この春開催で行われた東京芝重賞は全部で9鞍。そのうち6鞍でダンチヒ系が馬券に絡んでいるという事実。しかも、日本ダービーを勝ったロジャーバローズを筆頭に人気薄の激走例多数。この流れも重視したいところ。

今年のエプソムCもダンチヒ系に注目。候補馬は……

⑤アップクォーク
(父ベーカバド)

⑥サラキア
(母母父タイガーヒル)

穴の狙いは⑤アップクォーク

前走は、過去【0-2-0-4】の右回りで、しかも初のマイル戦。条件的にいかにも厳しかったと割り切れます。

今回は【5-2-1-1】と崩れ知らずの左回り(唯一の着外は新馬戦)、1800への距離延長もプラス材料。人気的にもお買い得の一戦と言えるでしょう。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line