協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 【宝塚記念】前進あって後退はない○キセキ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2019年06月22日(土)更新

【宝塚記念】前進あって後退はない○キセキ

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


東京11R  パラダイスステークス

低設定が定番の芝1400mに加え、能力差を平板化するハンデ戦。当然、設定は低め。最上位評価は○のリバティハイツ。実績十分の千四に替わった前走で久々の連対圏確保。今回も54キロ。長距離輸送をクリアできればチャンスも。次位は▲のテトラドラクマとロワアブソリュー。それぞれコース実績は十分。基本的にはこれら3頭の首位争い。


13121110987654321



























































































ST

※ST=スタンダードマーク


阪神11R  宝塚記念(GI)

最上位評価は同舞台の前走で2着した○キセキ。GⅠで好走をし続けており、休み明けを叩いた上積みも見込める今回は前進あって後退はない状況だ。次位は▲の3頭。この中では実績最右翼のレイデオロが人気だが、前走大阪杯Vのアルアインも侮れない。再度の好枠。崩れるシーンは考えにくい。続く★2頭も争覇圏内であり、混戦模様は否めない。


121110987654321






























































ST

※ST=スタンダードマーク


函館11R  UHB杯

先週に除外にあった馬が複数頭。能力差を平板化するハンデ戦のうえ、対戦の少ないメンバー。設定は低い。一応の最上位評価は▲のシンデレラメイク。成績は安定しないが、2走前に2着した53キロ。コース実績もあるように争覇圏内の1頭。次位は3歳の★ショウナンタイガ。千二では2戦2勝と底を見せていない。ただし、続く△の台頭の可能性は十分。


151413121110987654321



























































































ST

※ST=スタンダードマーク



設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めができればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line