協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【七夕賞】必殺のローテーション冴えるか
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年07月06日(土)更新

【七夕賞】必殺のローテーション冴えるか

土曜日より降雨の可能性は高い予報が出ている。直前の芝コンディションを再確認したい。初重賞制覇を狙うクレッシェンドラヴ(父ステイゴールド)は、今回3カ月ぶり(中11週)の実戦になる。3歳以降、2−3戦使っては3カ月程度の休養をはさむローテーションをずっと取っているが、【0−2−0−0】の福島コースとはいえ、ここは本当に狙いを定めた一戦なのだろうか。


クレッシェンドラヴは体質にあまり連続して出走できないところがある。使い込むより間を空けた方が断然いいので、これが必殺のローテーション。3歳以降、ここまで馬体調整のリフレッシュ放牧で「中10週以上」の休養明けが5回ある。


その成績は【4−1−0−0】。この馬にはこれが狙いを定めた出走なのである。特に最近の4勝はすべてリフレッシュの放牧明けに限られる。勝ったあと、次走の多くは格上がりとなるから勝ち切れないが、前走の2着は格上がりのオープン挑戦だったから価値がある。


今回と同じ2000mの福島民報杯は、前後半バランス「57.4秒−61.2秒」=1.58.6秒の猛ペースの決着だった。前半は最後方近くに離れていたクレッシェンドラヴ(内田博幸)は、途中からグングンまくり始め、4コーナーで先頭に並びかけている。


結果、同馬の強気な進出をやり過ごしながらマークする形になったレッドローゼスに0.1秒だけ差されたが、格上がりの古馬初オープン挑戦とすれば内容は文句なし。ちょっと強気すぎただけ。しかし、2000mで初めて2.00.0秒のカベ突破の「1.58.7秒」。こういうコースに対する適性を示すと同時に、遅咲きのステイゴールド産駒らしい豊かな成長力を示した。


良績の集中する2000〜2200mで、内田博幸騎手とのコンビは【4−1−1−0】。少しタフな芝コンディションはステイゴールド産駒ならまず大丈夫。母方も欧州タイプの典型だけに、おそらく歓迎に近い(芝重1戦1勝)だろう。


仕上がっている力量上位のストロングタイタンと、最近では見られなかった素晴らしい追い切りをこなした穴馬エンジニアが本線。ウインテンダネスも侮れない。 「プロキオンS」の中京ダートは回復しても高速ダート必至。連覇を狙うマテラスカイに条件有利だ。昨年の大レコード1.20.3秒の1200m通過は驚異の1.07.5秒だった。あのあと強行日程だった秋のスランプは完全に脱している。


柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line