協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【函館記念】1番人気12連敗中の波乱必至の重賞
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年07月13日(土)更新

【函館記念】1番人気12連敗中の波乱必至の重賞

夏のローカル重賞は、どのレースも波乱の結果を喜んで受け入れる。まるでその存在をアピールするように…。函館記念は現在、1番人気馬が12連敗もしている【0−2−0ー10】。結果、3連単はこの12年間で9回も10万円を超えている。


もちろん、急に荒れ始めたわけではない。3連単の前に好配当を生むとされた馬連が導入されたのは1992年。すると1番人気馬は11連敗を喫した。1992年から10年間の函館記念では(途中で3年だけ別定戦)、現在と同じハンデ戦で行われた残り7回の馬連は、すべて万馬券だった記録がある。


波乱の要因は多様だが、ハンデ戦に定着した1997年以降、ハンデ頭の勝ち馬は22年間でたった3頭だけ。重いハンデを課せられた馬は総じて信用できない。


1番人気馬が11連敗、12連敗もしているくらいだから、ハンデも関係し、人気上位馬(とくに1番人気馬)は信頼できない。


また、賞金別定戦→ハンデ戦と変化するので、日程も合わせ、前哨戦の巴賞好走馬は危ない馬の典型とされる。


ただし、重いハンデの1頭、今年のスズカディヴィアスは、ちょっと状況が異なる。快勝した前哨戦の巴賞は小刻みな賞金別定のため、負担重量は59キロだった(同馬の過去の経験は最大57)。それが今回はハンデ57、5キロになる。


オープン特別を勝ちながら、次走のハンデ戦になって負担重量減は非常に珍しい。GⅠの定量58から、0,5キロ減などの例はあるが、「厳しい負担重量59で勝った馬の1,5キロ減」は、ハンデ戦の函館記念のなかできわめて特殊なケースである。


過去の傾向から、重いハンデは嫌われる。まして巴賞組である。だが近年、芝のオープンを59キロで勝った馬などめったにいない。まして軽い馬場ではない。8歳スズカディヴィアスの再度の快走がありえる。近年、巴賞の好走馬が本番で不振なのは、負担重量が重くなるか、据え置きだからである。


8歳スズカディヴィアス(父キングカメハメハ)の牝系は、パワー型に近い欧州系がベースであり、ピッチ走法のストライドは鋭い。切れ味勝負なので重−不良馬場は歓迎ではないが、タフな8歳馬。稍重程度は平気だろう。穴馬は上昇中の4歳馬で、デキ一変のマイネルファンロン(父ステイゴールド)。


柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line