協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 【函館2歳S】早熟が武器になるレース
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2019年07月20日(土)更新

【函館2歳S】早熟が武器になるレース

▼動画で解説!▼
[函館2歳S攻略ポイント]







【函館11R函館2歳S】
(芝1200m 15:25発走)


sakai

以前に比べ、クラシックを狙う有力馬の早期デビューが当たり前になっていますが、この函館2歳Sの本質はそんな潮流とはあまり関係なく、独自の性質を維持していると考えていいでしょう。

基本的に、函館2歳Sは早熟性を問うレース。今後の伸び代やスケールといった要素とは無縁の馬、現時点の完成度が高い馬にこそ狙う価値があります。

そんなレースで狙うべき血統といえば、やはり米国血統。

一般的に、芝血統よりもダート血統の方が完成は早いもの。そのダート血統の王道である米国血統は、気性的に前向きな馬も多く、その点で早い時期の完成度勝負に強いという特徴があります。

sakai


イメージ的には、血統表だけ見るとダートを使いたくなるように感じる配合。こんなタイプが、函館2歳Sで狙うべき馬だと言えます。

今年の出走馬から候補を抽出すると……

②ヤマメ
(父パイロ)

⑨マンバー
(母父アジュディケーティング)

⑩バブルガムダンサー
(父パイロ)

⑪スマートカーリー
(母父フォーティナイナー)

⑯ゴッドスター
(母父レモンドロップキッド)

正直、かなり苦しい候補馬ではあります。

この中から、加点材料を見出せる存在は⑨マンバーでしょうか。

少頭数の低レベルレースを勝っての連闘。能力的なものはまだ未知であり、当然、ローテも厳しく試金石であることは否定できませんが、控える競馬で結果を出せたこと、前走が(本来不利とされる)美浦トレセンからの直前入厩だったことなど、他の候補馬よりは加点材料があるかなと見ています。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line