協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 柏木集保の週末重賞ストラテジー
  4. 【中京記念】GⅠ上位組参戦で傾向が一変?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

柏木集保の週末重賞ストラテジー

2019年07月20日(土)更新

【中京記念】GⅠ上位組参戦で傾向が一変?

中京記念の中京と、函館2歳Sの行われる函館の天候は、どんどん変化し雨の可能性はきわめて小さくなった。良馬場に回復すると思える。


2012年から7月に移った「中京記念」は5歳以上馬の天下だった。この7年、連対した14頭はすべて5−7歳馬であり、3歳馬は【0004】。4歳馬は【0027】だった。しかし、これは春のGⅠ上位組の3歳馬は大半が夏休みに入っていること。また、昨年まで条件再編成後も引き続きオープン格の4歳馬は、ビッグレースの主役級でもあり、やっぱり夏のオーバーホール期間なので、このハンデGⅢ重賞は路線外になるからだった。


だが、今年は、GⅠヴィクトリアマイル快走の4歳牝馬プリモシーンがベストの左回りのマイル戦を狙って、実質トップハンデ(牡馬なら57.5㎏に相当)を課せられながら勝ちに出てきた。3歳馬はNHKマイルC3着のカテドラル、10着グルーヴィット、14着クリノガウディーが52〜53㎏の軽ハンデで、合計3頭も挑戦する(過去7年で4頭だったのに)。組み合わせが異なるから、これまでとは一変がありえる。昨年、NHKマイルC13着のフロンティアが、軽量53㎏で0秒3差の4着だった。今年は良馬場でも少々時計を要する芝コンディション。軽ハンデが一段と大きな味方になる可能性が高い


グルーヴィット(父ロードカナロア)に期待したい。NHKマイルCはグランアレグリアの斜行降着の際(ダノンチェイサーに接触)、その真後ろにいて余波を受けたのがグルーヴィット。さらには坂上で前が詰まりブレーキをかけつつ進路変更する2度の不利があった。10着でも差は0秒5だけ。3着カテドラルとの0秒4差はあってないに等しいはずである。もちろん、カテドラルも有力。


グルーヴィットのファミリーは、4代母ダイナカール→3代母エアグルーヴ。この牝系一族は馬場を問わず勝負強い。NHKマイルCの57㎏から5㎏減が魅力だ。


良馬場に近く回復すれば、力量は完全に一枚上のプリモシーンに、3歳グルーヴィット、カテドラルをうまく組み合わせたい。クリノガウディーも朝日杯FSのように折り合って差す形なら侮れない。古馬の穴馬は、タフな馬場OKコンビのミルコ=ロードクエストか。


「函館2歳S」はほぼ良馬場の見込み。小柄でも大跳びのレッドヴェイパーには、天候の味方に加え、新馬で差されて負けたかと見えたケープコッド(次走の未勝利圧勝)が除外になる幸運が重なった。近年の傾向通り、あまりレベルの高い組み合わせにならなかったので、もまれない外を引いたゴッドスターと、大楽勝で2連勝の公営馬アザワク(父カレンブラックヒル)が相手候補。


柏木集保

SHUHO KASGIWAGI

日刊競馬で40年以上にも渡って看板を務める競馬界のご意見番・柏木集保が今週末の重賞レースのポイントをイチ早くレクチャー。過去データ・ラップ・血統・馬場など縦横無尽な分析でレースの核心に迫る。ここが的中馬券への最初の一歩。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line